FC2ブログ

模写花旅

自動車模型を中心に写真やその他の趣味や日々の出来事について綴ります

ポルシェ 959 ギャラリー (1)

2009年 6月 6日 完成

ポルシェ 959 タミヤ 1/24 過去作のギャラリー写真です


12年という休止期間ののち 模型製作にカムバックしての 第2作になります

とは云え そのほとんどは 休止前に出来上がっていました

カムバック後に 残っていた仕事は ドアミラーとルームミラーのミラー面の製作と取り付け

および ワイパーの製作取り付けです


実質 二十数年前の作とも言えます (^^;


そんな過去作ですが 今回は まず 低い視点から 一周 ご覧いただきましょう




4015 ポルシェ 959 960×645

最後に作った ワイパーがよく見えるアングルです

アームは自作 ブレード部分は エッチングパーツとなっています

エッチングパーツは厚みが足りないのが泣き所

2枚重ねすべきところでしょうね ^^




4006 ポルシェ 959 960×645

サイドの 方向指示灯は ボディ一体モールドのため 塗装で表現しています

削り取って クリアーパーツ化するなど 二十数年前には及びもつきません (^^




3997 ポルシェ 959 960×645

ホイールの奥 ブレーキディスクには 冷却孔をあけてあります

治具を作って それらしく 加工しました

まだ ブレーキディスクの エッチングパーツは 市販されてなかったと思います




3988 ポルシェ 959 960×645

最後に作ったミラー面が見えてきました

0.1mm の鏡面仕上げアルミ板で製作しています




4042 ポルシェ 959 960×645

ここで 問題なのが ドアミラーの角度です

どうやら 支柱部は 垂直に取り付けるのが正解なようです

そうすれば ミラー面の下辺も水平になるはず (^^ゞ


ここは 取り付けのダボもなく 組説では イモヅケせよとな

そ~れは すぐに外れて 紛失でしょうと ピン打ちしています

それが 実によく効いておりまして つけ直すのは ヤバそう ^^




4060 ポルシェ 959 960×645

完成した時は理由が分からなかったのですが シャシーが前に押された状態で取り付きます

改修記事で書いたように マフラーエンド間のルーバーと タイコ部が当たっていました

リンクが面倒じゃ (^^ 見たかったら カテゴリの「模型リストア」から探してね (^^ゞ




4096 ポルシェ 959 960×645

反対側に回って来ました

こちら側には もともと ドアミラーはありません




4177 ポルシェ 959 960×645

ということで 一周しました

え 正面がないって




4024 ポルシェ 959 960×645

はい 正面でございます

まだ 撮影がちゃんとできておらず フロントガラスが 全面反射しています

毎度の悩みなのですが 真上からの照明が どうしてもカメラの方に向いてしまうんです


プロカメラマンの方のアドバイスでは

簡単なのは 偏光フィルターで 反射を抑えること

ですが ボディの他のハイライト部分にまで効いてしまいそう

でも いいのか お目目の間も 反射してるしね


ちゃんとやるなら 照明の下面に 黒い帯状の紙を貼れと

だけど まだそこまでの やる気が起きないの ^^

いずれ うまく行ったら また記事にしますね


ということで 続きます


記事内容がよいと思っていただけたら 拍手ボタンを押してくださると嬉しいです
  ↓
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/09/16(日) 02:00:00|
  2. 完成作
  3. | コメント:2

ポルシェ 959 (タミヤ) ギャラリー写真の試写


0359-61 ポルシェ959 合成 960×645


ポルシェ 959 タミヤ 1/24 

昨年 12/26 に 次のギャラリー写真はこれ と 書いてから 4か月近く

3/4 に ポルシェ 959 タミヤ1/24 の改修3 の記事からも ひと月半ほど

ギャラリー写真の撮影ができないままになっていました~ (^^;


実は その後 nanapapa 愛用のカメラ 富士フイルム X-E2 が故障

現在 入院中であります (^^ゞ


で 唐突ではありますが 新しいカメラを買いました~ (^-^

この件に関しては 書くと長くなるので また改めて...


現在 新しいカメラの使い方で 格闘中 (^^ゞ

機能満載なので これが なかなかたいへん


とりあえず 一枚だけ ギャラリー写真を撮りました~

ということで 本格的な撮影は もう少し先ということになります (^o^)/


  ↓ 記事内容がよいと思っていただけたら 拍手ボタンをクリックして
  ↓ いただけると嬉しいです
  ↓ どの記事がよかったか 今後の参考にさせていただきます
  ↓

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/04/19(木) 23:00:02|
  2. 完成作
  3. | コメント:2

次のギャラリー写真は...


0434 ポルシェ959黒背景 960×645


これ! ポルシェ 959 タミヤ 1/24 の予定

nanapapa が 模型製作に復帰して2作目の完成品なのであります


それなのに これまでギャラリー写真を撮らなかったのには 理由がありまして...


その解決が先だというのに まだ完了できていない www

せっかくなら その問題解決ストーリーも含めて ご覧いただこうかなと (^^;

なので こうして予告したにもかかわらず まだ少し手こずるかもです (汗)


次の記事が書けずに 苦し紛れというのに すんなりとは行きそうにない!

そんなお題を選ぶなんて 要領の悪い nanapapa らしい選択であります (^^ゞ


期待せず もうしばらく 結果をお待ちくださいね~ (^o^)/


  ↓ 記事がよかったら 拍手ボタンをポチッと押していただけると嬉しいです
  ↓ どの記事がよかったか 参考にさせていただきます
  ↓

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/12/26(火) 23:59:52|
  2. 完成作
  3. | コメント:4

ホンダ CR-X タミヤ 1/24 ギャラリー写真

1987年9月11日完成

ワイパー補修の際 ボディを外したところ ドアの内側部分に日付が記されていました ^^

いいですね どこかに書いてあると www

ちょうど30年前の作だ~


そういうわけで このギャラリー写真は完成作の第1期に収録します

第1期には すでに ポルシェ 911 カレラ '85 を収録済みですが

塗装は それよりも だいぶ進歩しています

現在の nanapapa と大差ないというか 30年間進歩していないとも (^^ゞ




03201 ホンダ CR-X 960×645

照明の具合でしょうね 実際より青が やや明るくなっています

写真とは難しいものですね (^^




0322 ホンダ CR-X 960×645

レンズに対して真正面となる 側面パネルの青の出方が実際に近いです




0323 ホンダ CR-X 960×645

奥行き方向の背景紙に対して 左右にレフ板代わりの白紙を下げています

その映り込みもあって明るめになるというきらいもあるかと

かと言って 白紙を下げないと また雑多なものの映り込みがあるのでね

むずかしいところです

以上 撮影雑感でした~ (^^




0324 ホンダ CR-X 960×645

塗装について簡単に触れておきましょう

ブルー塗装後 何層か忘れましたが クリア吹きしています

このころのクリアは乾燥が遅く 早々と研ぎ出ししても またユズ肌になりましたね

それで 中3週間くらいは間をあけて研ぎ出していたように思います


やり方は 現在とほぼ同じで 1500番でサンディング後 コンパウンド掛け

コンパウンドは タミヤの青キャップチューブを使っていました

というか 知らなかっただけなのかもしれませんが それしかなかったような ^^




0325 ホンダ CR-X 960×645

ボディ下半分のシルバーは クレオス8番のシルバーに クリアを加えたもの

シルバー単体で塗って その上にクリアで 痛い目に遭ったからです

シルバー単体では 表面が粉っぽく 後日クリア層が剥離したという経験からでした


以来 シルバー等ラッカー分の少ないカラーには クリアを加えるのが常となりました

また そうした方が メタリックらしい質感が得られるとも感じていましたね




0326 ホンダ CR-X 960×645

ボディを一周する赤いライン 確かモールドで塗り分けるようになっていたと思います

ですが たまたまカー用品店で見つけた 赤いストライプテープを細切りにして貼りました

モールドは削って平らにしてからね

耐久性は ご覧の通り 30年保証 (笑)




0327 ホンダ CR-X 960×645

当時は メッキ調塗料などなかったわけで ホイールは当然メッキパーツそのまま

塗り分けは つや消し黒のエナメル筆塗りでやっつけています (^^

はみ出した部分は エナメルシンナーで湿した綿棒で軽く拭うというやり方です (^-^)v




03442 ホンダ CR-X 960×645

そうそう ドアのキーホールはたぶん薄手のアルミテープ

例のシャープペンシル・マイクロポンチ法で抜いています


nanapapa は 薄手のアルミテープは メタルックのなかった時代から使っていたのです

当時は オープンリールテープデッキという 古代(笑)音響機器を持っていました

そこでは テープエンドに貼る センシング箔が テープごとに付属してきたものです

テープ終端に来た時に 検出電極間がそれによって通電され 反転動作に入る

本来は そのような役割の代物でした~ (^^




0331 ホンダ CR-X 960×645

ヘッドランプほかクリアーパーツの灯火類には リフレクター工作を施しています

このころから シルバー塗装ではありませんでした

ただ バンパーの方向指示灯はクリアパーツではありません

シルバー塗装後に クリアーオレンジ塗装しています


タミヤさんには こういうところを中途半端にせず クリアパーツ化してほしいものです




0333 ホンダ CR-X 960×645

ライセンスプレートは プラ板で作り直していますね

鼻先のホンダのロゴは モールドになっているので 薄手のアルミテープを貼りました

貼り方が まだ拙いですね




0334 ホンダ CR-X 960×645

サンルーフは 可動になっているので 最後にご紹介します




0335 ホンダ CR-X 960×645

マフラーカッターも このころから アルミパイプを仕上げて着けていました




5765 CR-X サンルーフ 640×430

ここからは ディテールなので 小さめ画像 (^^

スライディングルーフは こんな感じに外側にスライドできます




5768 CR-X サンルーフ 640×430

閉じたところ

ウェザーストリップの黒塗装がだいぶ薄れてますな

要補修 (^^;


これから作られる方はあまりいないかもですが 一応アドバイス ^^

ウェザーストリップ部はかなり削って細く仕上げています

ボディとの面一感にも注意して仮組みをどうぞ




5775 CR-X シャシー裏 640×430

シャシー裏 わざわざお見せするほどの工作はしていませんが...(笑)

エンジンも見える範囲でモールドされているので 普通に作ればこんな感じ

エンド部を一段細く加工して アルミパイプで自作したマフラーカッターを装着

唯一のディテールアップポイントです




5777 CR-X マフラーエンド 640×430

クローズアップするとこんな感じ

アルミパイプの外径は2.5mm ちょうど使いやすい径です

肉薄に見えるよう 内径は削っています


以上 愛すべき ホンダ CR-X でした~ (^o^)/


  ↓ 記事がよかったら 拍手ボタンをポチッと押していただけると嬉しいです
  ↓ どの記事がよかったか 参考にさせていただきます
  ↓

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/11/30(木) 18:00:03|
  2. 完成作
  3. | コメント:8

トヨタ スポーツ 800 ギャラリー (2)

ヨタハチ ギャラリー写真の続きです

タルガトップは着脱可能に組み立てています

せっかくなので ルーフを外した状態もご紹介しますね




0046 ヨタハチ 960×645




0047 ヨタハチ 960×645




0048 ヨタハチ 960×645




0062 ヨタハチ 960×645




0061 ヨタハチ 960×645




0060 ヨタハチ 960×645




0073 ヨタハチと2000GT 960×600

最後は トヨタ 2000GT とのツーショット

2台の色の組み合わせも なかなかよいではありませんか




続いては ディテールのご紹介です

拡大率を上げる代わりに サイズは小さくしますね

こちらは 観賞用ではなく これから製作される方のご参考としてなのでね

ディテールアップの説明は 前記事でひと通り済んでいるので そちらもご参照ください


9985 ターンシグナルランプ 640×430

自作したフェンダーの方向指示灯




9987 ワイパー 640×430

洋白ハンダづけで自作したワイパー




0006 ワイパー 430×640

別な角度から

取付穴が...下ごしらえの段階で埋めておけよ!ですね (^^ゞ




9996 トランクリッド ヒンジ 640×430

トランクリッドのヒンジ ハセガワのジュラルミンフィニッシュにコンパウンド掛け




9997 エアアウトレット 640×430

エアアウトレット部 エッジが薄く見えるよう加工




9998 ドアハンドル 640×430

ドアハンドルは洋白線を加工

穴の縁はたまたまサイズがあったアルミパイプ

ヤットコ等でつぶしてD形にしています

キーホールは KA MDELS でおまけにもらった メタルインレットから

鍵穴になっていませんね (^^ゞ




9999 フェンダーミラー 640×430

ミラー面を 鏡面アルミ板から加工




0009 メーターパネル 640×430

メーターリムは 洋白線をリングに整形して接着




0002 メーターパネル 640×430

反対側から




0011 ダッシュボード把手 640×430

助手席側にある把手 これも洋白線




0068 ルーフ裏側 640×430

ルーフは矢印のピンで しっくりと嵌るように加工しました (^-^)v

共穴加工後に ステンレス虫ピンを打っています


以上で 2回にわたる ヨタハチのご紹介を終わります (^o^)/

なお トヨタ 2000GT のギャラリー写真はこちら → (1) , (2)

また ヨタハチ ギャラリー (1)は ↓ 下の関連記事から どうぞ


  ↓ 記事がよかったら 拍手ボタンをポチッと押していただけると嬉しいです
  ↓ どの記事がよかったか 参考にさせていただきます
  ↓

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/11/14(火) 08:00:00|
  2. 完成作
  3. | コメント:0

トヨタ スポーツ 800 ギャラリー (1)

過去作ですが トヨタ スポーツ 800 ニチモ 1/24 のギャラリー写真を撮りました

トヨタの800 なので 通称 ヨタハチ と呼ばれていますね (^^


nanapapa が カーモデル製作に復帰後 第4作目 2011年の完成です

ということは このブログを開設する前年ということになりますね (^-^

キットは 古くからストックしていたもので 定価は800円でした (^^;


それでは 以下 記憶の範囲で 写真ごとに説明を加えつつ ご紹介しますね




9963 トヨタ S800 960×645

バンパーのメッキ部は 愛用(笑)のニトムズのアルミテープを貼っています

継ぎ目は真下に来るようにね (^^

ヘッドランプカバーのリムも同じテープで 厚さ50μmの質感はとても良いものです

こちらはベタッと貼って 内外の余分を切り落としています


ここで 何といっても残念なポイントは このヘッドランプカバーで とても分厚いのです

云ってみれば 牛乳瓶の底(笑)

ペットボトルでうまく合うものを見つけたものの 加工で雲母状に薄く剥がれるようにヒビが

今なら そうならないものを見つけられるかも

ともあれ 繰り返しの作業で リム部が傷んできて それ以上の模索を断念した次第 (^^ゞ




9964 トヨタ S800 960×645

ここでは フェンダー上の方向指示灯について

ボディと一体のモールドになっていたので 前半分を削り落として自作

透明パーツのランナーから削り出しました~




9965 トヨタ S800 960×645

真横から なかなかの眺めですね~

フェンダーミラーは メッキパーツをそのまま使っていますが ミラー面は自作

次回 ディテールのクローズアップ写真をご紹介するので そのときに

ミラー支柱は軸打ちしてフェンダーにあけたキリ穴にギューッと挿し込んでいます

接着剤は使わず 回転可能で 破損を防止




9966 トヨタ S800 960×645

三角窓のメッキ表現は フロントのウインドスクリーン枠とともに ジュラルミンフィニッシュ

ハセガワ製のあれです

そのままではつや消しですが コンパウンドで磨くと どんどんミラーフィニッシュに近づきます

ミラーフィニッシュは あまりにギラギラ過ぎて nanapapa 好みではありません

この方法なら 適当なところで磨きをやめればいいので お薦めです




9967 トヨタ S800 960×645

フェンダーミラーのミラー面が見えますね (前述のように詳しくは次回)


リアウインドウのメッキ表現は ニトムズのアルミテープです

どうして前側と違うかって?

前側はとても華奢な作りで へらでテープをしごくのに耐えられないと思ったから

本来は アルミテープの方が好きなんです

ですが 現在までの時の経過を踏まえたうえで ジュラルミンフィニッシュもよいな~と (^-^




9968 トヨタ S800 960×645

アンテナを虫ピン工作で自作しています

マフラーエンドは アルミパイプを薄く加工して磨きました




0039 トヨタ S800 960×645

テールランプのメッキ表現は ニトムズではなく メタルック等の薄手のもの

ビスの頭は 0.3mm のシャープペンシルによる マイクロポンチ作戦です




0038 トヨタ S800 960×645

リアピラーのエアアウトレットは できるだけ薄肉に見えるように削りました




0036 トヨタ S800 960×645

反対側面に回ってきましたね

ドアハンドルは 洋白線を加工しました

これも 詳しくは次回に




9973 トヨタ S800 960×645

ぐるりと一巡りしました~

ヘッドランプカバーが残念な見栄えなので これより前寄りの写真はありません

いつか手を入れてやりたいものです




0040 トヨタ S800

アングルを高くしました

ワイパーがよく見えます

洋白ハンダづけで自作しています これも次回に




0041 トヨタ S800

タルガトップのルーフは 実車では黒です

しかし このボディカラーには絶対こちらがおしゃれかと

模型ですもの 似合っていればいいんじゃないでしょうか?




0042 トヨタ S800

ボンネットとトランクリッドのエンブレムは モールドなので

加工中は ニトムズテープの切れ端で養生して気を遣いました

最終的には メタルックを貼ったうえにデカールです

縁の部分がちょっとだけ光って見えます 自己満足です


以上 前編の終わりです


  ↓ 記事がよかったら 拍手ボタンをポチッと押していただけると嬉しいです
  ↓ どの記事がよかったか 参考にさせていただきます
  ↓

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/11/06(月) 22:00:05|
  2. 完成作
  3. | コメント:8

ホンダ NSX ギャラリー (2)

ホンダ NSX タミヤ 1/24 の続きです

今回は アングルを少し高くして撮った写真です

各部の説明は 前回で済んでいるので 以下画像の羅列となります




9789 NSX 960×645




9803 NSX 960×645




9790 NSX 960×645




9811 NSX 960×645




9809 NSX 960×645




9812 NSX 960×645




9814 NSX 960×645




9813 NSX 960×645




9795 NSX 960×645




9886 NSX 960×645

おまけ

このキット 車体下面もそれなりによく造形されています

なんの工夫もしていませんが 素直に作ればこのような仕上がりとなる好キット

今でも普通に売られているキットだと思うので おひとつ いかがでしょうか?



とまあ こんなところなのですが

前記事で触れましたように 掲載模型誌についてご紹介させていただきますね




9741 model cars 175号 960×645

掲載していただいた model cars 誌はこれ

第175号 (2010-10)

残念ながら 表紙写真への掲載はありません (^^ゞ




9743 model cars 175号 960×645

中を開いて 特集記事見出しのページ

おお! 大きく写っていますね (^-^)v

アップに耐えるとの評価か? (笑)

色的に MID4の引き立て役と見るのが 順当なところでしょう (^^;




9750 model cars 175号 960×645

そして NSX記事のページ

実物とほぼ同じか やや大きいくらいの写真ですね

実物模型とのバランスで雑誌写真の写りがよくありませんが さすがはプロの撮影

キャビン内部への光りのまわりなど... nanapapa 撮影をもっと勉強しなければ です




ということで 最後に 撮影の感想など


完成作を撮影して 毎回思うことが 「やはり難しい!」

今回も 悩み そして 時間がかかった割に満足できませんでした


この NSX で 特に悩んだのは 「窓が光って白く写る」 ところ

スポーツカー全般について言えることですが ガラス面の傾斜が強いこと

そうすると 上方からの光が反射して カメラの方に向かうことになりがち

nanapapa の現在の撮影機材や設定ではどうしてもうまく対応できないのです

さらに 検討を重ねて行きたいと思います


 カメラ 富士フイルム X-E2  レンズ 18-55mm F2.8-4


前回の記事へは 下の関連記事から どうぞ


  ↓ 記事がよかったら 拍手ボタンをポチッと押していただけると嬉しいです
  ↓ どの記事がよかったか 参考にさせていただきます
  ↓

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/10/01(日) 17:00:00|
  2. 完成作
  3. | コメント:4

ホンダ NSX ギャラリー (1)

ホンダ NSX タミヤ 1/24 過去作のギャラリー写真です

キットの発売当時に作ったものなので 相当古いです (^^



実車は1989年 シカゴモーターショーでプロトタイプが NS-X として発表

90年9月に NSX として販売を開始した

車名は New Sportcar X から名付けられたという


手元のタミヤカタログの最も古い1991年版では 1/24スポーツカーシリーズ100作目として

すでに掲載されている

すなわち 実車とほぼ同時期に発売されたものと思われる


当時は おおむね3か月に1作のペースで製作していたので

これを完成させたのは もう26,7年昔のことになるだろうか


このころは このガンメタルとか精悍な色を好んで塗っていましたなぁ

今見ると 模型的にはやはり地味~というか (笑)

昔の作なので 突っ込みどころは多々あります

ですが まあ 暖かい目で見てやってください (^^;




9726 ホンダ NSX 960×645

いや~ NSX 今見てもカッコいいですなぁ


ウインドシールド上部の青い帯は当時よく見られたもの

当作中 数少ない色彩のポイント! (^^

クリアーブルーを調色して吹いています


前部灯火のクリアオレンジは 前記事でご質問いただいているので記しますと

昔は プレゼン用 OHP フイルムの矢印等のマーカーがありましたね

確か それを貼ったフイルムを切り抜いて レンズの奥に配置したと思う (本当か?)




9728 ホンダ NSX 960×645

キャビン外観は ジェット戦闘機のキャノピーをイメージしてデザインしたという

当初 ルーフとピラーはボディカラーに関わらず黒とされた

当作も それに従っている

(のちに ボディ同色仕様も販売された)




9730 ホンダ NSX 960×645

リアスポイラー取り付け部前に アンテナが見える

数少ないディテールアップとして 虫ピン工作している




9731 ホンダ NSX 960×645

2本出しのマフラーエンドは キットのメッキパーツをそのまま使用

排気口部を黒塗装して済ませている

ドアミラー鏡面は いつもの 0.1mm 厚 鏡面仕上げアルミ板を加工した




9732 ホンダ NSX 960×645

リアウインドウは エンジンフードとなっていて キットでもヒンジがついている

しかし ヒンジは透明パーツに直接ついていて 内側枠を黒塗装しても外から見える?

加えて 当時はキッチリと作りきる自信がなく 固定仕上げとした

コクピットとの透明仕切り窓に ヒンジ用の切り欠きが見える (^^




9733 ホンダ NSX 960×645

ホイールは クレオス8番のシルバーをクリアーと混ぜて塗装した




9734 ホンダ NSX 960×645

内装は 黒一色で 半光沢で質感には気を付けて塗装した覚えが...

しかし 黒で塗装すると 室内は暗くて ディテールはほとんど見えないもの

最近の作では 黒はなるべく避けるようにしている (笑)




9735 ホンダ NSX 960×645

当初 ノーズのホンダエンブレムはモールドを料理用アルミフォイルに写し取ったものを使用

のちに メンテナンスの際 ダメにしたので ホンダS2000 用のメタルインレットを転用

欲を言えば もう少し厚みがほしいところである




9736 ホンダ NSX 960×645

リトラクタブルライトカバーは リアウインドウと同じ理由で 固定としている





9725 ホンダ NSX 960×645

最後に 灯火類のリフレクターは このころからアルミテープを貼って仕上げている

リアル感に貢献しているのではないだろうか?


さて この作品 nanapapa の数少ない模型誌に掲載されたものの一つである

(自分で作ったものを作品と言ってよいのか? 完成作? もひとつしっくり来ないし/笑)

次回記事(2)では そのあたりについても触れてみたい (^o^)/


  ↓ 記事がよかったら 拍手ボタンをポチッと押していただけると嬉しいです
  ↓ どの記事がよかったか 参考にさせていただきます
  ↓

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/09/23(土) 19:00:00|
  2. 完成作
  3. | コメント:10
次のページ

プロフィール

nanapapa

Author:nanapapa
自動車模型の製作と風景・花写真撮影を2大趣味としています

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
ごあいさつ (6)
1/24 メルセデス300CE (6)
1/24 BMW 535i (13)
1/24 フェラーリ 250 GTO (2)
1/24 コルベット Conv. (88)
1/24 ポルシェ 956 (20)
1/24 ポルシェ 911 ターボ (17)
1/32 ベレット 1600GTR (30)
完成作 (27)
模型リストア (16)
模型写真 (19)
実車写真 (2)
模型イベント (25)
イベント (103)
クラシックカーフェスタ in 神宮外苑 (12)
花 (171)
旅,写真 (61)
写真 (42)
園芸 (21)
お買物 (4)
飛行機 (8)
カメラ (4)
工具 (5)
トピックス (11)
猫 (36)
模型 その他 (2)
音楽 (1)
花火 (6)
お知らせ (5)
山行 (9)
家の仕事 (2)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR