模写花旅

自動車模型を中心に写真やその他の趣味や日々の出来事について綴ります

ポルシェ 911 カレラ '85

ポルシェ 911 カレラ '85 フジミ 1/24


フジミから エンスージアスト シリーズ と銘打って発売された 三番目のキットです

「ポルシェを熱愛してやまないすべての人たちに捧げます」 とのキャッチコピー

当時 箱の中を見て 思わず唸ってしまいました


その意気込みや凄まじ! パーツ数は実に膨大

取り出した袋越しにパーツを眺め 箱に戻そうとすると これが納まりきれない(笑)

いったいどうやって入っていたんだ? と (^^;


そんなことで このキット 完成させるだけでもけっこうたいへんだったような...

完成後はもうお腹いっぱい (^^

然るに いまだポルシェはこれのみ フェラーリ(デイトナ)を入れてもシリーズ二作だけ

出来栄えはともかく nanapapa にとって思い出の一作であります



ともあれ 同じく白のコルベットの(完成前の段階で)練習として 撮影してみました

黒バックに白のモデルはなかなか難しいことを実感 (^^;

コルベットでは たぶん他の背景紙になりそうです


それでは 古々作ですが(笑) どうぞご笑覧ください




7497 911 Carrera 640×430


7494 911 Carrera 640×430


7498 911 Carrera 640×430


7500 911 Carrera 640×430


7501 911 Carrera 640×430


7503 911 Carrera 640×430


7505 911 Carrera 640×430


以上 まずは低いアングルからのカットでした~


このころは まだ缶スプレーからエアブラシに移行した直後だったと思います

コンプレッサーはまだ持っておらず エアー缶を使っていました

エアー缶は吹き始めはよいのですが しばらく吹くと気化熱で冷えて圧が下がります

冬場は缶を湯煎にかけながら吹いていました 懐かしい思い出です


続いては 少し高いアングルから




7509 911 Carrera 640×430


7507 911 Carrera 640×430


7513 911 Carrera 640×430


7516 911 Carrera 640×430


今となっては これがいつ完成したのか 正確には分かりません

ですが おおよそのところ1985年か86年の完成と思われます (32年ほど前か~)

というのも 86年11月のモデルアート20周年記念コンテストに応募しているので...

記憶があいまいなのですが 流面形セリカとともに入賞したと思いましたが?

その時の賞品 ピンバイスセット(グンゼ製)は今でも愛用しています

モデルアート誌 1987年3月号に結果が掲載されているはずなのですが

その号 大事にし過ぎて行方不明(笑) ホントかどうか確認できません (^^


そして さらに高いアングルからの2枚




7594 911 Carrera 640×430


7591 911 Carrera 640×430


911 のドアミラーは本来左右で位置が異なっています

タミヤはそれを再現していますが これは× このころは知る由もありませんでした (^^ゞ


塗装面の仕上げは コンパウンドのみ タミヤの青キャップチューブね

なので ゆず肌が少し残っています

今や それも味かな~と

サンドペーパーで研ぐようになったのは この次の作あたりからかな

ワイパーはもちろんキットのまま というかディテールアップなぞ思いも寄りませんでした


実は昨年追加でエンジンフードのヒンジ工作を行いました

その部分のちりが合っておらず その一点のため自分としての一作に外れていたためです

そのときの記事は → ポルシェ 911 カレラ '85 (フジミ) の改修 1
               ポルシェ 911 カレラ '85 (フジミ) の改修 2


以上 長くなりました~

さて この記事は ギャラリー写真としてトップページにリンクを加えます

ただ 公開できるぎりぎりの出来のため 第一期の作として分類します


第二期は このあと自分でも(当時としては)納得の出来となり 子育て休止までの期間

そして 第三期は12年の休止を経てカムバックから現在までです


【追記】 ホイールを同じシリーズのタルガから転用しています
      理由は 付属ホイールの塗り分けが面倒だったこと
      このホイールを履いた個体の写真を見かけ カッコイイと思ったこと
      だったかな?



  ↓ 記事がよかったら 拍手ボタンをポチッと押していただけると嬉しいです
  ↓ どの記事がよかったか 参考にさせていただきます
  ↓
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/02/16(木) 19:00:00|
  2. 完成作
  3. | コメント:10

ポルシェ 944 ターボ ギャラリー写真の試写


8031 ポルシェ944 ターボ 960×645


リストアなった ポルシェ 944 ターボ ハセガワ 1/24

ギャラリー写真を撮ってみました。




8030 ポルシェ944 ターボ 960×645


今回はグラデーションペーパーを背景に撮影してみました。

黒バックだとボディ色シルバーとのコントラストが強すぎるんじゃないかと...




8032 ポルシェ944 ターボ 960×645


しかし,これにはこれで難しさがあることが分かりました。

このアングルからだと背景のグラデーションはなだらかでほぼ満足です。

ところが,今回の条件では,水平に近いアングルからだとグラデーション効果が薄い!

ギャラリー写真撮影には,もう少し研究が必要なようです。


テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/09/08(火) 23:59:45|
  2. 完成作
  3. | コメント:2

友達の作品 ( トヨタ LFA )

3/14(土)は模型クラブ S.E.M. の月例ミーティングの日でした。

原則第一土曜日の開催なのですが,この日は会場が取れず,二週目でした。

毎回,会長ほか皆さんの作品を拝見したり,模型談義に花を咲かせるわけですね~。 (^-^


そんな例会なのですが,今回はツチハシ会員の素敵な作品をお預かりしてきました。 (^-^)v

ご存知, トヨタ LFA ( タミヤ 1/24 ) 。

近々腰を据えて撮影する予定ですが,その前にワンカットだけご紹介です。




4369 LFA 1280×860

とりあえず,現在セットしてある黒背景紙にて。 ( 写真はクリックで2倍まで拡大可能 )

雑な写り込みなどがあってアレですが...(^^ゞ


ホンダの実車用塗料 「ダークアメジスト」 と聞きましたが,ディープで素敵な色です。

この色に黒の背景はとても難しいのですが,それでいてこの見栄え。

素晴らしい塗装技術が実感していただけるのでは? (^з^)-☆


背景紙や照明の設定など吟味しながら,じっくり撮影しようと思います。

どうぞお楽しみにお待ちくださいね。


テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/03/17(火) 06:01:07|
  2. 完成作
  3. | コメント:6

完成作(3) トヨタ 2000 GT  その2

トヨタ 2000GT の後編です。

前回はやや高めのアングルからの画像が中心でした。

今回は,逆サイドから,実車を撮影する気分で,低めのアングルからです。


国産車としては秀逸なデザインですね。



8158 トヨタ2000GT 1280×860

ヘッドランプはリトラクタブル形ですが,キットでは細部の再現はなく,あっさりとスジ彫りのみです。


フロントで目立つのはフォグランプですが,これは前期型の特徴にもなっています。

後期型は薄型になり,グリル上下のラインを延長した幅に納まっています。

前・後期型で外観上の最大の相違点と言ってもよいでしょう。




8165 トヨタ2000GT 38 1280×860

バンパーはコーナー部に小さなものが付きます。

縁にはラバー部があって黒く塗り分けるのですが,とてもやりにくいです。

裏側には取り付け用のダボがあるのですが,もう少ししっかりとしたものを望みたいところ。


バンパー下のフラッシャーランプは,これといった取り付けのガイドはなかったと思います。

確か,バンパーをガイドにして接着しました。( 記憶が怪しい / 笑 )




8168 トヨタ2000GT 34 1280×860

真横から。 カッコイイですね~。

前後のバンパーの造形も,今日のものとはひと味もふた味も違いますね。


フェンダーミラーは,内側半分を黒に塗装したものがありますが,ここではガンメタ一色としました。

お台場で見たゴールド車に合わせたということで。

ミラーの支柱部はかなり厚みのあるパーツですが,空力的に薄く削りました。

ミラー部の縁には細切りの厚手アルミテープをひと巻きしています。

ミラー面としてメタルインレットが付属しているのは嬉しいところ。


フェンダーミラー下の逆三角のエンブレムは,実車では七宝焼きのようです。

キットでは,メタルインレットの上にデカールを貼ります。




8170 トヨタ2000GT 36 1280×860

ドア取っ手はキットのめっきパーツそのまま。

その下のキーホールは,以前にもご紹介したKAモデルスでもらったメタルインレットです。


リアフェンダーのアンテナは,虫ピンとはんだから自作しました。


その下の反射器は厚手アルミテープを貼り,透明塩ビをポンチで打ち抜いてクリアーレッド塗装。

後期型では,視認性をよくするため大型化しています。




8161 トヨタ2000GT 46 1280×860

ご参考のため真正面からと,




8206 トヨタ2000GT 41 1280×860

真後ろからの画像もご紹介です。


リアハッチの 2000GT のエンブレムもメタルインレットの上にデカールを貼っています。


マフラーカッターは独特の細いもので,めっきパーツの内径を削って薄肉に仕上げました。

外径はあまり触っているとめっきが薄くなるので,厚手アルミテープを貼りました。

継ぎ目はもちろん真下に来るようにしています。




4944 トヨタ 2000GT★2 1280×860

こだわりのワイパーが見やすいアングルです。(笑)

2000GT 独特の華奢なデザインとなっています。

確か,初代セリカにも採用された造形です。




5145 トヨタ 2000GT★1280×860

拡大して見ていただくとよく分かると思いますが,次にクローズアップをご紹介します。




12928 ワイパーy3 1280×860

虫ピンと洋白をはんだ付けで組んだ自作ワイパーです。

キットのパーツはワンピースのめっきパーツでした。


ここでは,#00の虫ピン2本をアーム部に,一本当り12個のパーツで成り立っています。

ちなみに,虫ピンの径はΦ0.25mmです。

悪戦苦闘,2本作るのに10時間以上かかりました。

アーム付け根下部のコイルバネがご覧いただけるでしょうか?

途中,なんと愚かなこと始めちゃったんだろうと虚しくなったほどです。 ふぅ~。




12932 ヒンジy3 1280×860

エンジンフードのヒンジです。

キットではメタルインレットが付属します。

ですが,ただの長方形のパーツで,とてもヒンジには見えません。


なので,ここも洋白帯板で工作です。

途中の写真は取り忘れました。(汗)

言ってみれば,帯板をMの形に折り曲げ,さらに密着するまでつぶします。

すると,板4枚分の厚さになり,両端を長くして板2枚分の隙間を設けた形で切断。

端面をはんだでコートして,別に作った板2枚分のパーツを隙間に挟んで表現しました。


そうそう,グリル中央からボンネットに向かうプレスラインはくっきりとさせておきましょう。




8089 2000GT 内装 1280×860

最後に内装を一枚。


ステアリングホイールとシフトノブの木目は塗装で表現しています。

メーターパネルはデカールが用意されていますが,これを苦手とするnanapapaでした。

スイッチ類の凹凸にさんざん苦労の挙句,かなりぼろぼろな貼り上がりです。

塗装にした方が楽でした。


メーターリムは洋白線,床材は昔ユザワヤで買ったスエード調の布です。



以上,トヨタ 2000GT ハセガワ 1/24 の完成作ご紹介を終わります。

最後までのお付き合い,ありがとうございました。


テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/08/17(土) 22:50:51|
  2. 完成作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

完成作(3) トヨタ 2000 GT  その1

本日は旧作のご紹介です。

2011年 5月 完成 「 トヨタ 2000 GT 前期型 ハセガワ 1/24 」 になります。



本年3月にイラストレーターの溝呂木さんの雑誌に掲載していただいたものです。

そのときのブログ記事は こちら

あれから5ヵ月,そろそろ記事に書いても,雑誌の販売に支障はないでしょう。(笑)

(画像は例によって,クリックで2倍まで拡大できます)



4960 トヨタ 2000GT★1280×860

このキットをこの色で作ろう!と思ったのは,2010年のニューイヤーミーティングのときです。

そこで見たゴールド の2000GT の美しさに魅入られてしまったのでした。

もっとも,その個体は後期型でしたが...




4930 トヨタ 2000GT★1280×860

それまでは,ゴールドメタリックなんて,あまり趣味のいい色じゃないよね という感覚でした。

ところが,その個体の美しさに,2000GT を作るならこの色しかないと思うようになったのです。




4958 トヨタ 2000GT★1280×860

ゴールドメタリックの2000GT は,カタログにはなく,特別に3台のみ生産されたといいます。



その一台は,1967年のモーターショーに展示されました。

そして,そのプロモーションのために呼んだツイギーにプレゼントされ,イギリスに渡ります。

その後,米国のトヨタ販売の手に渡り,一時赤に塗り替えられたボディも元のゴールドに戻し,

現在は米国のトヨタ博物館に所蔵されているそうです。



別な一台は,同ショーで一目ぼれした日本人が長らく所有したとのこと。

そのオーナー氏が,没後の最もふさわしい行き先として,生産を担当したヤマハ発動機に寄贈。

現在,ヤマハのコミュニケーションプラザに展示されています。



もう一台は,2年後のモーターショー用に作られた後期型で,出展後の行方は不明とも。




4893 トヨタ 2000GT★1280×860

前期型2台の塗色はメタリック成分が少なかったらしく,実際の見た感じは黄土色に近いとか。

後期型の1台はメタリック感を向上した「アフレアゴールド」で塗られたという。

nanapapaが見た2000GTは,オリジナルではなく,このゴールドを再現したもののようです。



そして,nanapapaの作る2000GTは,明るく華やいだこの色にするつもりでした。

ところが,よっしゃ塗装完了!と思ったところ,ごみの付着を発見してしまいました。

紙やすりで落として,その部分を補修吹きすると,あら少し色が濃くなっちゃった。(笑)

しかたないので,全体をもうひと吹き。

その産物がこれでございます。(爆)

いいんです。 気に入っていることに変わりはありません。




5144 2000GT+ヨタハチ★1280×860

最後に,ヨタハチこと同じトヨタのスポーツ800とのツーショットをご紹介して前編を終わります。



後編に続く



エピソードの出典は以下

ウィキペディア トヨタ・2000GT



テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/08/11(日) 18:37:22|
  2. 完成作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

完成作(2) メルセデス・ベンツ 300CE [W124]  その2

完成作ご紹介第2弾 メルセデス・ベンツ 300 CE フジミ 1/24 その2です。

その1は,実車を眺める感じの高さからでした。

その2では,少し高い角度から見下ろし気味の写真をご紹介します。

その1と同様に,クリックで最大2倍まで拡大します。



6198 斜め前方から 1280×860

フロントグリルには,いつものアルミテープを貼り込んでいます。




6197 斜め前方から 1280×860

ヘッドランプとスモールランプ部は,キットでは平面になっていたので,

リフレクターを工作して,これもまた上記アルミテープを貼って仕上げました。

また,レンズはうっすらと凸モールドがある程度で,リフレクターが丸見えだったので,

BMCタガネでガリガリとスジ彫りして,紙やすり,コンパウンドで仕上げています。

ここのところの工作をするかしないかで,全体の印象がまったく変わってくるのでは?

そんな気がしてこだわってみました。




6204 真横斜め上から 1280×860

ウインドウウォッシャー,ドアハンドルは一旦削り落として,塗装・研ぎ出し後につけました。




6199 斜め後方から 1280×860

トランクフード脇のアンテナは自作しました。




6200 斜め後方から 1280×860

リアエンドのエンブレム2種はKAモデルスのメタルインレットです。
( 300CE-24 と スリーポインテッドスター )

マフラーカッターはアルミパイプで自作しました。




6225 前方よりほぼ真上2 645×960

下の写真と共に,この角度から撮るのは初めてです。

実車のドアミラーは左右で大きさが違っていると思いますが,キットのまま作りました。

また,キットにあったサンルーフのスジ彫りは埋めました。




6211 後方よりほぼ真上 645×960

後部左右の絞り込みがよく分かります。このころのメルセデスの特徴で,好きなポイントです。

ヘッドレストはリアシェルフに格納された形になっていますね。




6207 真横斜め上から2 1280×860

このカットはなくてもよかったかな?

でも,せっかく撮っちゃったもので...(笑)




6201 斜め上から運転席を覗く 1280×860

内装は,これまでダークな色に塗ることが多かったのですが,

今回はライトグレーのツートーンとしてみました。

おかげで,内部が明るくなり,多少なりとも見やすくなりました。

木目パネルやカーペットが,こんな感じに比較的よく覗けます。

ドアミラーのミラー面は,鏡面仕上げアルミ板(t0.1)をカットして貼りました。




12720f 300CE 内装 1280×860

ボディを外すとこんな感じです。

フロアカーペットは,昔ユザワヤで買ったスエード調の布地ですね。

木目パネルやシフトノブは水性のアクリル塗料(シタデル)を筆塗りして,クリアーを吹いています。

思ったよりずっとよい感じに仕上がって,以来マイブームになりました。(笑)



後日,もう少し各部ディテールの工作ポイントについてご紹介する予定です。

またぜひお運びくださいませ。


【追記】 工作ポイントについての記事は こちら


その1の記事へは,下の関連記事からどうぞ。↓


  1. 2013/04/20(土) 14:53:30|
  2. 完成作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

完成作(2) メルセデス・ベンツ 300CE [W124]  その1

完成作ご紹介第2弾 メルセデス・ベンツ 300 CE フジミ 1/24 です。



nanapapaにとって,実は好きなベンツ第一位なんですね。

実車にはまったく詳しくないのですが,この時代が最もベンツらしいベンツという気がします。

ビッグクーペ 500SEC [W126] の方もなかなか好きで,タミヤの1/24を作りましたが,

自分で実車を保有するにはちょっと大き過ぎかなと思います。(笑)

なので,自分には 300CE がベスト。 (190E もいいなぁ)



さて,予告編からずいぶんお待たせしてしまいました。

向きを変えながら12枚の写真を撮ったのですが,理想と現実のギャップが大きくて

結構手間取ってしまったのです。

正面と真後ろの写真では,とにかく窓が光ってむずかしかったです。

納得の行くところまで詰めるのに何度々々も撮り直しました。

結局のところ,最もむずかしかったし,欠点の目立つ正面写真は,最後に配置。(笑)

そのあたりのところも,のちほど撮影法についての記事を新たに追加して,

ご興味のある方への参考に供したいと思います。



ディテールについても,これまた後日ご紹介させていただくとして,今回は外観写真をご覧ください。



画像はクリックで最大2倍まで拡大します。

大きな画面でご覧の場合,いちいち拡大するのがご面倒でしたら,こちら → 元サイズ画像集




1-6109 300CE 斜め前方3s 1280×860




2-6110 300CE 斜め前方2 1280×860




3-6072 300CE 横やや前から 1280×860




4-6073 300CE 真横 1280×860




5-6075 300CE 横やや後から 1280×860




6-6076 300CE 左後から2s 1280×860




7-6077 300CE 左後から2 1280×860




8-6080 300CE 真後ろから2s 1280×860




9-6146 300CE 斜め後2s 1280×860




10-6088 300CE 真横2s 1280×860




12-6092 300CE 斜め前から2s 1280×860




13-6131 300CE 正面s92% 1280×860


その2を追加しました。 下の関連記事からどうぞ↓


テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/04/12(金) 21:15:10|
  2. 完成作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

完成作(2) メルセデス・ベンツ 300CE [W124] 元サイズ画像集

メルセデス・ベンツ 300 CE [W124] フジミ 1/24



このページは,24インチくらいのモニターで,画像を元サイズでご覧いただくのに適しています。

新しい試みとして作ってみました。

反響が少ないようでしたら,ご利用が少ないとみて,そのうち消去することにしようと思います。



通常の1/2縮小画像のページは こちら



1-6109 300CE 斜め前方3s 1280×860




2-6110 300CE 斜め前方2 1280×860




4-6073 300CE 真横 1280×860




5-6075 300CE 横やや後から 1280×860




6-6076 300CE 左後から2s 1280×860




7-6077 300CE 左後から2 1280×860




8-6080 300CE 真後ろから2s 1280×860




9-6146 300CE 斜め後2s 1280×860




10-6088 300CE 真横2s 1280×860




12-6092 300CE 斜め前から2s 1280×860




13-6131 300CE 正面s92% 1280×860



テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/04/12(金) 21:12:21|
  2. 完成作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

nanapapa

Author:nanapapa
自動車模型の製作と風景・花写真撮影を2大趣味としています

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
ごあいさつ (5)
1/24 メルセデス300CE (6)
1/24 BMW 535i (13)
1/24 フェラーリ 250 GTO (2)
1/24 コルベット Conv. (88)
1/32 ベレット 1600GTR (30)
完成作 (12)
模型リストア (9)
模型写真 (15)
実車写真 (2)
模型イベント (4)
イベント (91)
クラシックカーフェスタ in 神宮外苑 (12)
花 (124)
旅,写真 (56)
写真 (34)
園芸 (16)
お買物 (3)
飛行機 (6)
カメラ (2)
工具 (3)
トピックス (9)
猫 (24)
模型 その他 (2)
音楽 (1)
花火 (6)
お知らせ (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR