FC2ブログ

模写花旅

自動車模型を中心に写真やその他の趣味や日々の出来事について綴ります

BMW 535i (5) 粘着剤付きアルミシート/テープ

テールランプに行こうと思ったのですが,その前にちょっとばかり寄り道を。

今回は,粘着剤付きアルミシート/テープについてです。

nanapapaが多用する材料ですが,まだきちんとご紹介していなかったように思います。

これからも頻繁に登場すると思うので,この機会にひと通り俯瞰してみましょう。




2574 アルミシート640

で,まずシートの方から。

一番左は現行品なので,皆さんご存知ですよね。

その右は,その元となった製品で,実質同じものと考えていいでしょう。

そのまた右は,左のふたつより若干厚みを感じるものです。

厚さ15~20μmといったところでしょうか。

一番右は,梨地仕上げのものです。nanapapaは,色の着いた灯火類に使うことが多いです。

実際のところ,nanapapaは右のふたつをよく使います。

これだけあれば当分の間大丈夫ですが,現在入手可能かどうか分かりません。




2557 ニトムズテープ640

つづいて,テープの方ですね。

ホームセンターなどで手に入るニトムズの製品です。

左の紙芯に巻いたものと,右の芯なしで少しつぶしたものがあります。

アルミ材は厚さ50μmと表示されています。

厚みを利して,ボディ塗装面と同様の方法で研ぎ出すことができます。

欠点は粘着層もまた厚いことで,強くこすると粘着剤が流動してでこぼこになったりしがちです。

ただ,一定の範囲なら,研ぎ出しで救うことができます。

nanapapaは,ヘッドランプのリフレクターやめっきモール,ウインドウトリムなどといった

めっきパーツの表現に使うことが多いです。




2561 ダイソーテープ640

最後は,百均の製品です。

まだ使ってはいませんが,かなり使えそうなものです。

ただ,別な百均の製品は,キズが多くて使う気にならないものもありました。

買うときは,よく観察して選びましょう。




ということで,次回はさっそくこれを使ったお話になります。




テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/11/22(木) 23:11:57|
  2. 1/24 BMW 535i
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BMW 535i (4) フラッシャーランプの工作

今回は,フラッシャーランプの工作です。

ウインカーとも呼ばれますが,英語ではどうやらターンシグナルランプと言うようです。


ここの工作で大事なのは,クリアーオレンジで塗装したレンズの内側が明るく見えることです。

でないと,沈んだオレンジになってしまいます。

なので,ここで貼るのは光沢アルミシートではなく,梨地仕上げのアルミシートです。

梨地アルミシートであれば,乱反射であらゆる方向に光を反射します。

このため,どこから見ても光の反射があり,明るく見えるわけです。

光沢シートでは,特定の方向に反射するため,その方向から見ると

ギラギラと明るい代わりに,違った方向には光が反射しないため,

暗く見えてしまいます。

そして,この部分はヘッドランプやフォグランプと違って,リフレクターを

凹面に仕上げることは必要ないと判断して行っていません。




12053 アルミ貼り 640

ということで,レンズの内側はありのままの形状で,アルミシートを貼っていきます。

ここは,形状からして,3枚に分けて貼ります。

矢印1は,レンズの形を取って切り抜きます。

矢印2は,ヘッドランプの側面にすでに貼り込んでいます。形は大雑把です。

矢印3は,適当な四角です。




12055 アルミ貼り640×480

1と2の間には隙間があるので,それを3でこのようにカバーしてやります。




2060 フロントグリル 640×480

そして,ヘッドランプアセンブリーを接着し,フラッシャーのレンズを水性クリアーで接着すると,

フロントグリル周りは完成です。

各灯火類の感じはしっかり表せたかと思います。



ところで,この作品は今度の日曜日(11/11)に横浜大さん橋ホールで開催される

ホビーフォーラムで,湘南モデルカー愛好会(S.E.M.)のブースにて展示します。

みなさん,見に来てくださいね。

メルセデス・ベンツ 500SEC も出しますよ。

そして,nanapapaの作品は地味なので,しっかり目を凝らして,見落とさないようにしましょうね。(笑)




さて,次回はどこを行きましょうか?




テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/11/07(水) 23:12:19|
  2. 1/24 BMW 535i
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

BMW 535i (3) フォグランプの工作

このキットでは,嬉しいことにフォグランプはクリアーパーツが用意され,

ハウジングもちゃんとあるので,リフレクターを表現してやりましょう。




12012 フォグリフレクター 640

こんな感じで,ニトムズのアルミテープをレンズの形に切り抜きました。




ただ,惜しいことにハウジングの底は平らでふさがっています。

これでは,アルミテープを貼ったとしても,実感は得られません。

やはり,凹面のリフレクタらしい感じを出したいところですね。

そこで,ハウジングの底は,縁を少し残して,削って四角い孔を貫通させます。

写真,撮り忘れました。(汗;)

ですが,どんなふうかは,最後の写真から分かりますね。




12015 リフレクター貼り付け 640

こんな感じで,割り箸で作ったヘラで周囲を押さえていきます。

つづいて,中央部を綿棒とかで押して凹ませましょう。




12016 貼り込み完了 640

いかがでしょうか?

なんだか,ぐっといい感じになった気がします。

あとはレンズを接着すればOKですね。

こんなとき,nanapapaは,接着剤代わりに水性クリアー塗料を使います。




レンズを取り付けた姿は,次回フラッシャーランプのところで,ひとまとめでご覧いただきますね。




テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/11/02(金) 21:07:00|
  2. 1/24 BMW 535i
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BMW 535i (2) ヘッドランプとルーバーの工作

まず,ヘッドランプ隣のルーバーからですね。

ここは,裏側から見ると細くてスッキリ見えるんですが,

肝心の表側から見ると幅広で繊細さに欠けます。

つまり,ヌキ勾配がモデラーの期待とは逆の方向についているわけです。

なので,表から見てもスッキリ見えるように仕上げます。




1929 ルーバー 640×480

タミヤの #600 紙やすりを細切りにして,ルーバーに差し込みました。

削り過ぎないよう注意しながら,慎重にルーバーを細く仕上げます。




1909 ルーバー 640×480

左は仕上げ前,右が仕上後のもの。

ヘッドランプにはバルブを入れるので,その取り付け孔を加工しています。

内寄りのランプは,通常の形状の電球なので0.6キリ。

外寄りのランプは,ハロゲンの反射タイプ(だと思う)なので2キリです。




1999 リフレクター切抜き 640×480

ヘッドランプのレンズ径はΦ5.5でした。

ニトムズのアルミテープにテンプレートで形を取って,

鋏で切り抜いたものをリフレクターとします。




2007 リフレクター貼り付け 640×480

黒塗装後のハウジングにリフレクターを置いて,

精密やすりのグリップでグリグリッと押し付けて貼り込みます。

中央のバルブ用の孔は貫通させておきます。




12545 ビーズのバルブ 640

内寄りのランプのバルブです。

ユザワヤで見つけた一番小さなビーズ(Φ1.5)に

洋白線Φ0.6を挿して瞬着で固定しました。




12548 ビーズのバルブ 640

レンズの後でハッキリとは見えないため,この程度でいいでしょう。




2008 ハロゲンランプ素子 640

外寄りのランプのバルブユニットのつもり。

タミヤの曲がる透明プラ棒(Φ2)の端面を紙やすりで球面状に削りました。

このあと球面部分を黒で塗装して,ハウジングに取り付けます。




アセンブリーとしての完成写真は撮り忘れました。(汗;)

なので,今回はここまでということで,次回はフォグランプ部の予定です。




テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/10/31(水) 23:42:00|
  2. 1/24 BMW 535i
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

BMW 535i (1) キットレビュー

ベレットGTRの更新がもうだいぶ止まったままになっています。

結局,なんだかんだとホビーフォーラムには間に合いません。

まだ2週間ほど間があるんですが,このあともできそうにないんです。(泣)

のちほど再開ということで,しばらくは既存のネタでご容赦を。(笑)



ということで,このブログの初回の記事でご紹介したBMW 535i 行きます。

(このシリーズは後追いでの製作記となります)



12566 BM 箱絵 rs

写真は,フジミ 1/24 キットの箱絵です。

E34と識別されるこのBMW535iは,実車の販売期間が1988~1995年となっています。
(ウィキペディア)

このフジミのキットもおそらくそのころの発売で,約20年前のものでしょう。

定価800円となっています。

まあ,大事に保管していたものです。(笑)

このキットのバリエーションとして,ほかに M5,アルピナ仕様,ハルトゲ仕様があります。



工作上の大事なポイントはのちほど写真付きでご覧いただくとして,

今回は,簡単にキットのレビューをしてみたいと思います。




0775 BMW535i 1280×840

この写真は,9/23の記事「模型と写真(3)」ですでにご紹介したものですが,

完成すればご覧のように,なかなかカッコイイです。



灯火類のレンズもちゃんとクリアーパーツになっているので,

それなりの工作をすれば,このような見栄えとなります。

外観的には,大きな欠点はなさそうで,パーティングラインを丁寧に消し,

スジ彫りを深くしてやればよいでしょう。

ただ,前後バンパーのプロテクトモールはスジ彫りがあいまいだったような気がします。

ホイールのモールドもなかなかよいと思いますよ。



シャシー下面は,その昔不評だった板シャシーではなく,ちゃんとタイヤハウスもあるし,

けっこう立体的なモールドになっているんですね。

ところが,そのモールドはといえば,実はその前に作った同じフジミの

メルセデス・ベンツ300CEと基本的には同じものなのです。

足回りや燃料タンクは違っているので,下面が寸分同じというわけではありませんが...

また,左右のホイールは,前後輪とも金属のシャフトで連結されるだけです。

当然,前輪のステア機構はありません。

ということで,この部分は,ほどほどのところで作りました。



キット自体は,現在でも比較的お安く手に入ると思われます。

nanapapaとしては,おススメのキットです。



以上のようなところでしょうか。

では,次回から工作のポイントについてお伝えしていくことにします。



つづきは,以下の関連記事からご覧ください。

         ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/10/23(火) 12:23:25|
  2. 1/24 BMW 535i
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
前のページ

プロフィール

nanapapa

Author:nanapapa
自動車模型の製作と風景・花写真撮影を2大趣味としています

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
ごあいさつ (8)
1/24 メルセデス300CE (6)
1/24 BMW 535i (13)
1/24 フェラーリ 250 GTO (2)
1/24 コルベット Conv. (88)
1/24 ポルシェ 956 (20)
1/24 ポルシェ 911 ターボ (77)
1/24 スープラ マーシャルカー (32)
1/32 ベレット 1600GTR (30)
完成作 (32)
模型リストア (17)
模型写真 (26)
実車写真 (5)
模型イベント (31)
イベント (111)
クラシックカーフェスタ in 神宮外苑 (12)
花 (206)
旅,写真 (72)
写真 (42)
園芸 (21)
お買物 (4)
飛行機 (8)
カメラ (5)
工具 (6)
トピックス (15)
猫 (45)
模型 その他 (2)
音楽 (2)
花火 (8)
お知らせ (7)
山行 (16)
家の仕事 (2)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR