模写花旅

自動車模型を中心に写真やその他の趣味や日々の出来事について綴ります

完成作(5) BMW 535i ギャラリー2

BMW 535i [E24] フジミ 1/24 」

ギャラリー2は,少し高めのアングルからです。




8620 側面前寄り 1280×860




8623 側面 1280×860




8624 側面後寄り 1280×860




8626 後寄り 1280×860




8630 側面後寄り 1280×860




8611 側面 1280×860




8612 側面前寄り 1280×860



以下さらに高いアングルからです。


9010 BMW535i 960×645




9064 BMW535i 960×645




9008 BMW535i 960×645




9005 BMW535i 645×960




9007 BMW535i 645×960



カメラ 富士フイルム X-E2 + 18-55mm F2.8-4 ( セットレンズ )


ギャラリー1へは ↓下の関連記事からどうぞ

   ↓ 記事内容がよかったと思われたら,拍手ボタンを押していただけると嬉しいです。
   ↓ どの記事がよいと思われたか,今後の参考にさせていただきます。
   ↓

スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/29(月) 00:02:36|
  2. 1/24 BMW 535i
  3. | コメント:2

完成作(5) BMW 535i ギャラリー1

2012年 11月 完成 「BMW 535i [E34] フジミ 1/24 」 です。

製作のポイントにつきましては トップページ 下方の 製作記・工作のポイント をご覧ください。

灯火類の工作やワイパーの自作についてご紹介しています。
(このページ最下部の 「関連記事」 からも一部直接飛ぶことができます)


ギャラリー1では,実車っぽく見える水平に近いアングルからの画像をどうぞ


8965 正面 1280×860




8963 左クオータ 1280×860




8962 左クオータ 1280×860




8959 左側面2 1280×860




8973 左リアクオータ 1280×860




8969 背面 1280×860




8968 右リアクオータ 1280×860



8967 右側面 1280×860




8966 右クオータ 1280×860


続きます。


   ↓ 記事内容がよかったと思われたら,拍手ボタンを押していただけると嬉しいです。
   ↓ どの記事がよいと思われたか,今後の参考にさせていただきます。
   ↓

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/23(火) 11:53:45|
  2. 1/24 BMW 535i
  3. | コメント:8

完成作(5) BMW 535i  ただ今撮影中

すでに製作のポイントなどをご紹介済みの BMW 535i

やっと今,ギャラリー用の写真を撮影しています。


こんなふうにして,少しずつ向きを変えながらです。

メルセデスの時もやった悪戯,今回もちょっと指を入れて撮ってみました。



8640 535i 指添え 1280×860

(写真はクリックで2倍まで拡大できます)


nanapapaは,いつもは黒背景紙で引き締まった感じに撮影するのが好みなのです。

ですが,今回は白→グレイのグラデーションペーパーを用いてみました。

ご覧のように,ダークグリーンの車体色には黒よりもこちらの背景がマッチしていると思います。



撮影の詳しい技法については,少しずつ撮影例を添えながら具体的に解説して行く予定です。

模型写真撮影のブラシュアップにお役立ていただけると思うのでご期待下さい。


   ↓ 記事内容がよかったと思われたら,拍手ボタンを押していただけると嬉しいです。
   ↓ どの記事がよいと思われたか,今後の参考にさせていただきます。
   ↓

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/13(土) 00:35:15|
  2. 1/24 BMW 535i
  3. | コメント:4

BMW 535i (10) リアスピーカー

今回のお題は,リアシェルフにあるオーディオ用のスピーカーです。

英語では,単にスピーカーではなくて,ラウドスピーカーというんですね。

もともとキットでは 「一応,ここにあるよ」 程度で,わずかな凸モールドで表現されています。

ディテールはなく,デカールが用意されているわけでもないので,スピーカーには見えません。

そこで,プラ板と真鍮メッシュで自作することにしました。



形は,まったくの自分のイメージです。

そのころのオーディオセットの雰囲気はこんなではなかったかという感じで表現してみました。




12527 リアスピーカー640×480

t1.2のプラ板に5キリで孔をあけ,外形をご覧のような丸みをもたせた四角に整形しました。

このスピーカーカバーに,右の真鍮メッシュをエンボス加工後切り抜いたものを組み合わせます。

真鍮メッシュをエンボス加工をするのには,上の治具を使いました。

孔径は同じなんですが,周囲に十分な肉があって,ぐりぐりやっても耐えられるようにですね。

そして,取付ボルトを表現するために,4カ所に0.4キリ加工を施しています。




ところで,これまで何の疑問も持たずにt1.2とか5キリとか書いてきました。

今,ふと思ったのですが,これって,設計製図用語でしたよ。

しかし,この書き方はnanapapaが40年間慣れ親しんだ表現の仕方です。

いまさら変えてもいつの間にか戻ったりしそうです。

それで,今後もこのまま行くことをお許しくださいね。

「t」は,thicknessの意味。 厚さってことです。

キリは,ドリルであなをあけるということ。

ちなみに,あなは,貫通させるときは孔,止まりのときは穴と書いていました。

さらに,Φは直径を表す記号で,教科書にはマルと読むとありました。

ところが,現場の職人さんたちはファイと読んでいましたね。

みなさん,いい腕を持っていて,nanapapaはいっぱい学ばせてもらいました。




12551 リアスピーカー 640

ガンメタルで塗装し,Φ0.4の洋白線で取付ボルトの頭を表現してみました。

拡大して見ると,荒さが目立ちますね。

次からもう少し丁寧に作ろうっと。

いつも反省ばかりです。




12554 取付状態 640

リアシェルフに取り付けてみました。

もう少し大きく作ればよかったかな。 また反省。

メッシュの中身がないのがばればれですが,ボディに取り付けるとどうせ分からないでしょう。

よって,このままです。



ついでながら,内装についてわざわざ一回を費やすほどのこともないので,ここでご紹介です。

内装色は,クレオスの#45セイルカラーをそのまま吹いています。

また,床の張り地は,昔ユザワヤで見つけたスエード調の布地です。

今回初めて作ってみたドアロックのつまみは,#00の虫ピンです。

その頭の部分をメタルプライマに直接浸して,さらにセミグロスブラックに浸しました。

筆さえも使わない,お手軽塗装です。



さて,10回にわたってお届けしたBMW 535i の後追い製作記も今回で終了です。

完成写真は,このブログ開始の記事ですでに数枚ご紹介しています。

なので,いずれ改めてということで。



お帰りに,皆様へのお願い

当ブログはランキングにも参加しておりませんし,順位など気にしてはおりません。
ですが,ご来訪いただいた皆様がどのようにお感じになったかは知りたいところです。
見に来てよかったという場合,拍手ボタンをクリックしていただけると嬉しいです。
このブログをよりよいものにして行く参考にさせていただきたいと思います。
   

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/12/18(火) 21:14:53|
  2. 1/24 BMW 535i
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

BMW 535i (9) ワイパー

今回は,ワイパーを黒で塗装して,本体に取り付けた状態のご紹介です。



こうやって作ったワイパーは,本音では,塗装せずに金属地のまま使いたいところです。

旧車のめっきワイパーとしては,ピッタリですよね。

このクルマの場合,黒なんでねぇ。 ちょっと残念。



さて,本体に取り付けた状態です。

裏側にエポキシパテを小さく盛って,差し込むように取り付けてあります。

無理な力がかかったとき,回転して逃げることができるので,破損防止には有効かな。



角度を変えて撮った4枚を続けてご覧ください。

黒いワイパーって,分かりづらいですね。

クリックすると少しだけ拡大します。




12586 ワイパー2 960×645




12591 ワイパー 960×645




12593 ワイパー 960×645




12604 ワイパー 960×645




12617 エッチングパーツ 960×645


最後は,ハシゴ形の部分を流用したKAモデルスのエッチングパーツです。

1/24とされてますが,かなり大きめな気がします。

このなかで,06と書かれた右上の一番小さいものを使いました。



ということで,これにて,BMW535iのワイパーについては終わりです。

次は,リアシェルフのスピーカーにしようかと思います。



お帰りに,皆様へのお願い

当ブログはランキングにも参加しておりませんし,順位など気にしてはおりません。
ですが,ご来訪いただいた皆様がどのようにお感じになったかは知りたいところです。
見に来てよかったという場合,拍手ボタンをクリックしていただけると嬉しいです。
このブログをよりよいものにして行く参考にさせていただきたいと思います。
   

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/12/14(金) 22:47:42|
  2. 1/24 BMW 535i
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

BMW 535i (8) ワイパーの製作

今回は,ワイパー製作の巻です。

ワイパーについては,すでに ベレット 1600GTR (5) の記事で一度ご紹介しています。

ですが,順序としてはこちらの方が先に製作しているんですね。

そういえば,ベレGは,もうずいぶんとほったらかしになっています。(汗;)

そろそろ再開せねば。




12580 キットのワイパー 640×480

さて,これはもともとキットに含まれるワイパー部品です。

切り離して窓面に沿わせて見ましたが,まったくなじんでくれません。(笑)

薄く削り込んで合わせることもできなくはないと思います。



ところで,nanapapaは,ときどき昔作った作品を取り出して,眺めて楽しんだりします。

そんなとき,一部が壊れていたり,パーツがなくなっているなんて経験はありませんか?

nanapapaの場合,壊れている率第一位は,フェンダーミラー,ドアミラーです。

そして,第二位がワイパーというところでしょうか。

もっとも,ワイパーが壊れるシーンというのは,たいてい決まってますね。

埃のたまったフロントウインドウをクリーニングしようとして壊すことが多いです。

ワイパーの金属化は, 「耐久力向上」 と 「見た目力強化」 の一石二鳥で効くわけですよ。

であれば,これは,やらない手はないなと。




12128 アームと基部の接合 640×480

アームの付け根の部分は,もとのプラパーツを利用して,こんな風になりました。

軸はΦ0.4の洋白線,アームは幅0.5×t0.2の洋白帯板です。

アームは,プラ部品の方に軸近くまでのミゾを彫っておいて,瞬着しています。



実は,この方式は今回が初めてで,これまでは軸とアームは一体でやって来ました。

丸線をほぼ直角に曲げて,軸はそのまま,アームは丸線の上下を削って平らにします。

軸とアームは一体部品なので,この部分で壊れることはまずありません。

ただ,プラ部品の加工がちょっと面倒にはなります。

それか,もしくはプラ部品の代わりにその部分にはんだを盛って,やすりで整形するかです。

この方式も,いずれ機会があったら写真まじりでご紹介したいと思います。



今回は,強度的な懸念がないわけではありませんが,無茶な力を加えなければ大丈夫でしょう。




12130 窓面に沿わせる 640×480

次は,ブレード部を作ります。

アームと同じ0.5×0.2の洋白帯をフロントウインドウのカーブに沿うように曲げます。

はんだ付け後は,もはや修正が効きませんから,この段階できっちり決めておきます。




12136 ワイパーサポート 640×480

なんと呼ぶんでしょうか? この部分。

ガラス面になじむようにブレードを押さえる機構ですね。

本物は,もちろん一体ではありません。(当たり前だっつ~の)

先のと同じ洋白帯板をご覧のように曲げて,マス目で分かるとおり全長16mmとしました。

こちらも,窓面ときちんと三点当たりするように,カーブ具合を整えておきます。

その後,ブレードとはんだ付けするために,裏側の両端部と中央の3ヵ所にはんだを盛りました。

写真撮り忘れてる。(汗;) ま,次のパーツと同様ってことで。




12141 はんだめっき 640×480

さて,もうひとつのパーツです。

先ほどのパーツのアーチの頂点をつなぐやつですね。

さすがにこれを自作するのはむずかしいので,KAモデルスのエッチングパーツから流用です。

はんだ付けのために,ご覧のように両端部にあらかじめはんだを盛っておきました。

ついでに言うと,ピンセットに隠れてよく見えませんが,ハシゴの横にタブを残しています。

これは,あとでアームとの接合のときカシメに利用するんです。




12145 ブレード部の接合 640×480

上の例:まず,このように,2点をはんだ付けします。 はんだ付け箇所は3点ですが。(笑)

    中央部のはんだ,多過ぎですね。

下の例:さらに,ハシゴ形のパーツをはんだ付け。 3点が一体になりました。

    はんだ付け箇所は5点ですが。(シツコイ)




この辺のはんだ付けに関しては,記事の書き始めにご紹介しているベレGをぜひご参照ください。

部品がずれないようはんだ付けする方法など,きっとご参考になると思います。




12161 接合完了640×480

アーム部とブレード部をカシメてはんだ付けしました。

カシメ部がちょっと盛り上がり過ぎですね。

今見ると,ヤスリで削ればよかったな~。

あとは,紙やすりで金属表面を整えて,メタルプライマーを吹きます。

最後に,セミグロスブラックを吹いて完成です。




完成写真は,本体に取り付けた状態で,次回ご紹介しようと思います。

その際,周辺のことなども補足するつもりなので,また見に来てくださいね~。


お帰りに,皆様へのお願い

当ブログはランキングにも参加しておりませんし,順位など気にしてはおりません。
ですが,ご来訪いただいた皆様がどのようにお感じになったかは知りたいところです。
見に来てよかったという場合,拍手ボタンをクリックしていただけると嬉しいです。
このブログをよりよいものにして行く参考にさせていただきたいと思います。
   

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/12/10(月) 18:53:15|
  2. 1/24 BMW 535i
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BMW 535i (7) 前後の窓内側の黒塗装

今回は,前後の窓の内側を黒で塗装する作業についてです。

窓枠のことではありませんよ~。

窓枠に沿って,窓ガラスの内側に帯状に黒の塗装をする部分のことですね。

完成写真で見た方が分かりやすいので,まず次の写真をご覧ください。




3602 フロントウインドウ 960×720


ここは,矢印のように角の部分を丸く塗り分けるようになっています。

最近のキットでは,マスキングシートが付属していて,お手軽だったりしますね。

このキットでは,黒で塗り分ける部分は曇りガラス状になっています。

なので,それに沿って,自分でマスキングするんですが,問題は矢印の角丸部分です。

nanapapaは,これまで,丸はなしヨ!のカクカクで塗り分けておいて,エナメルの筆塗りで

ちょちょっと丸みをつけてごまかしたりしてました。(笑)

( あ!クリアーパーツにエナメルシンナーは危険ですよ~。ぼろぼろに欠けたりします。 )

今回,ちょいと思いついた方法があるので,ご紹介しますね。




12075 半径確認 640


まずは,角丸の直径を調べます。

これは,ハセガワのテンプレートですね。

これを表から角丸部にあてがって,裏側から見て一致するサイズを探します。

結果は,上の丸が直径3mm,下が8mmでした。




12083 マスキング 640


カッターコンパスでマスキングテープを切り抜いて角丸部に貼りました。

つづいて,円の外側同士を結ぶように,細めのマスキングテープを貼って行きます。

上下のラインは曲線なので,幅広テープではうまく行きません。

nanapapaは,タミヤの6mm幅のマスキングテープを使いました。

テープの重なったところは隙間が残らないよう,割り箸製のヘラで丁寧に押さえました。

写真,撮り忘れてます。(汗;)



あとは,真ん中の抜けた部分を適当に切ったテープで埋めてマスキング完了です。

塗料はクレオスのセミグロスブラックにしました。

塗り上がりの様子は,最初の写真のとおりです。




12578 パンチコンパス 640


ところで,今回使用したコンパスをご紹介しておきますね。

1.5mmまで切れると書かれているのは,半径のことなんでしょうねぇ。

確かに,今回直径3mmの円を切り抜くことができました。

裏面に,製造販売「梅本デザイン」と書かれています。

ほかに,切れ味のよいポンチをお持ちの場合は,それで抜いてもいいかもです。



では,今回はここまでです。

次は,ワイパー行きますね。




テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/12/05(水) 19:34:43|
  2. 1/24 BMW 535i
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

BMW 535i (6) テールランプの工作

さて,今回はテールランプの工作です。

後追い製作記のため,何かと写真撮り忘れが多いです。




2089 テールランプレンズ 640

今回も,いきなり塗装が終わっています。

裏面から塗装しました。

表側は,面にうねりがあったので,紙やすりで均してコンパウンドを掛けてあります。

クリアーレッドで塗装した部分のうち,若干赤みが薄い部分がリバースランプです。

実車もこんな感じで,白(無色)ではありません。

なので,ここは一旦マスキングして塗装しました。

その後,マスキングテープを剥がして,軽くクリアーレッドを吹いています。



そして,マスキングに使ったテープ小片はまだ捨てずに,もうひと働きしてもらいます。




2562 プラ板型640

左側の小さなピースは,t0.5のプラ板に先ほどのテープ小片を貼って切り出したものです。

右は,そのピースを取り囲むようにプラ板を瞬着で貼り合せて作った治具です。




2565 型押し640

ここで,前回ご紹介したニトムズのテープをこの治具で型押しします。

指先で押して軽く凹ませたあと,やすりの樹脂グリップでぐりぐりとやりました。




2569 リフレクタ640

ひっくり返してみると,こんな感じに型押しできました。

アートナイフで押し切ってひっくり返すと,右のようなリフレクターが完成です。

おっと,繊維くずが付いてしまいました。

簡単なので,作り直しましょう。

このように,粘着剤の面をリフレクター面とすると,つや消しっぽくて,よい感じに見えます。

また,そのまま粘着剤でレンズにくっつけることができて好都合です。




2571 テールランプ640

作ったリフレクターを付けたところ。

右は,リバースランプの下の部分にも貼ってみました。

これは蛇足だったかな。

やり過ぎ感が強いので,没です。




2165 テールランプレンズの接着640

さて,いよいよレンズをボディに接着する段です。

ボディ側には,前回紹介した梨地仕上げのアルミシートを貼り込んでいます。

手に持ちにくいパーツなので,ボディを接着剤で汚さないために気を遣いますね。

こんなときは,楊枝の頭に両面テープをひと巻きして,写真のようにパーツを保持します。

接着剤代わりに水性クリアーを使っていますが,UVクリアーやアクアリンカーもよさそうですね。

これでなんなく所定の位置に接着完了しました。




2199 テールランプ取付状態 640

取り付けた感じはこうです。

いいんじゃないでしょうか?

でも,そっと展示しておくだけだったら,誰も気づかないだろうなぁ。



今回はここまでです。




テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/11/24(土) 11:02:27|
  2. 1/24 BMW 535i
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

nanapapa

Author:nanapapa
自動車模型の製作と風景・花写真撮影を2大趣味としています

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
ごあいさつ (5)
1/24 メルセデス300CE (6)
1/24 BMW 535i (13)
1/24 フェラーリ 250 GTO (2)
1/24 コルベット Conv. (88)
1/24 ポルシェ 956 (2)
1/32 ベレット 1600GTR (30)
完成作 (16)
模型リストア (9)
模型写真 (16)
実車写真 (2)
模型イベント (4)
イベント (91)
クラシックカーフェスタ in 神宮外苑 (12)
花 (128)
旅,写真 (56)
写真 (34)
園芸 (16)
お買物 (4)
飛行機 (6)
カメラ (2)
工具 (3)
トピックス (9)
猫 (25)
模型 その他 (2)
音楽 (1)
花火 (6)
お知らせ (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR