FC2ブログ

模写花旅

自動車模型を中心に写真やその他の趣味や日々の出来事について綴ります

ポルシェ 911 ターボ (50) スピーカーの製作1

リアスピーカーの製作ですが 予想以上に苦戦しました

なんとか できたのですが 今回はすべてを まとめきれませんでした

なので 2回に分けて ご報告ということで (^^


本来着いているスピーカーは デカールにあるような楕円コーンなのでしょう

ですが 作りにくいし 音は良くないはずなので カスタムしたという設定で行きます




8361 バッフル完成 640×430

スピーカーバッフル いきなり1個完成しております

今回は この部分の製作過程をお伝えしますね


ここまで作る必要あんのかよ ?

はい ないと思います (^^;


ですが

試作したスピーカーネットから 中が うっすらと見えそうなので作ることにしたんです

であれば しっかりとコントラストのある 中身でなければ 意味がありません

そんなことで JBL の LE8T という スピーカーユニットをイメージして作ってみました


昔 学生だったころ 憧れだったユニットです

白いコーンに ジュラルミン センタードーム

一瞥しただけで いかにも いい音が出そうではありませんか


そんな 思い入れを表現して見たかった とも言えます


では まず 右側のバッフルボードの 孔あけから参りましょう

ここの孔あけは ドリルではありません




8354 工具 640×430

最初に 常用の0.5キリを通したあとは こんな工具を使って孔を拡大しています

ドリルだと かなり細かく 径を変えて行かないと ずれやすいからです




8355 工具 640×430

よく見えるように 拡大しました

上 モーターツール用のビットで テーパー状の ドリルのような刃です

中 テーパーリーマ Φ3~12用 孔が3mmになれば あとはこれでぐいぐいと

下 モーターツール用 ダイヤモンドビット これでカエリを取ります




8357 スピーカーコーンの製作 640×430

スピーカー コーンの製作です

右のプラ板の 4.5 の孔の上に 0.1 のプラペーパーを重ねて型押し

型押しには 使い古しの歯ブラシ デンターシステマの グリップエンドを使いました

ドーム状のくぼみですが これでよしとします




8359 センタードームの製作 640×430

続いて センタードーム と ドームツイーター

ツヤなしのアルミテープの 剥離台紙側から 型押し

写真にあるのは Φ2 と Φ1.5 ですが センタードームには Φ1.8 を使用

歯ブラシのグリップでは 押し出しきれなかったので 最後はヤスリのグリップで ^^




8341 スピーカーの製作 640×430

歯ブラシでは 上のふたつのように 平面が残ってしまいました

さらに ヤスリのグリップを使うことで 下のふたつのように きれいなドームになります


センタードームの場合

これを アートナイフで 切り取って コーンの底に粘着剤を活かして 取り付けました


ドームツイーターの場合

ドーム径はΦ2 周辺に余白をつけて切り出し 一旦プラペーパーに貼り付けました

それを バッフルの裏から 瞬着しています




8367 バッフル完成 640×430

完成した バッフルを リアシェルフに置いてみました

いいんじゃないでしょうか? 必要ないけど (^^


次回は このつづき スピーカーネットの製作になります (^o^)/

記事内容がよいと思っていただけたら 拍手ボタンを押していただけると嬉しいです
やる気が増す かもしれません ^^
  ↓
  ↓
  ↓
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/07/19(金) 03:30:03|
  2. 1/24 ポルシェ 911 ターボ
  3. | コメント:8

ポルシェ 911 ターボ (49) スピーカーネット試作

今回は リアシェルフの スピーカーネットの試作についてです

いろいろ迷っておりましたが ともかく 材料を取り寄せて 試作してみます


その前に 前回のドアグリップの量感増し工作の結果について




8332 ドアグリップ 640×430

グリップ部を プラ板2枚重ねにして ほどよい丸みをつけました

塗装しないと 実際のところは 分かりませんが (^^ゞ

まあ 多少 グリップらしくなったので これで満足としました (^-^




8333 リアシェルフ 640×430

さて リアシェルフの 現状です

スピーカーに スジ彫りは施しているのですが まったく不満足です

シェルフの平面も きれいに出ていない

後端の継ぎ足し部も 境界が見えている

キットの標準では ここに スピーカーのデカールを貼っておしまいなんです

しかし それも何だか 味気ない




8335 カレラのリアシェルフ 640×430

昔作った 911 カレラ の リアシェルフ

スピーカーは 素直に デカール貼り (^^;

やっぱり でしょう?




8293 エッチングメッシュ 640×430

良さそうな エッチングメッシュを探して 取り寄せました




8320 スピーカーネット 640×430

スピーカーのサイズに切り出して 四辺を曲げました

短い方の 二辺は 何とか曲げやすいのですが

長い方をどう曲げるか?

悩みましたが なんとか この形になりました




8322 スピーカーネット 640×430

スピーカーの位置に 置いてみます

これだけでも デカールより 雰囲気はだいぶいい感じ




8325 スピーカーネット 640×430

ボディを 被せてみます まだ 窓枠塗装やってませんね (^^;

これをベースに スピーカーを製作しますね


では 次回に  できてるといいな (^-^

記事内容がよいと思っていただけたら 拍手ボタンを押していただけると嬉しいです
やる気が増す かもしれません ^^
  ↓
  ↓
  ↓

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/07/12(金) 01:00:00|
  2. 1/24 ポルシェ 911 ターボ
  3. | コメント:6

ポルシェ 911 ターボ (48) ドア内張工作

え~ 久しぶりの 911ターボ ネタでございます

では さっそくと行きたいところですが まずは前振りから (^^


【話題1】 AAF展に行って来ました

昨日ですが 市ヶ谷で開催されていた AAF展へ行って来ました

AAF は オートモビルアートフェデレーションでよかったかな? (^^;

今回は 驚きの展示が...


8177 トライアンフ 1/1 紙製模型 640×430


トライアンフのモーターバイクなんて持ち込んじゃって と思った人 ハズレ~

これ 1/1 の 紙製模型 なんです 紙ですよ~ (@_@)

下辺に少しだけ見える 説明書きに そう書かれています

まあ わかりゃしませんがね 触っちゃダメっていうんで (^^

きっと 本当は 本物なんだと思いますよ (^^


で そのあとは 当然のごとく 飲み会

イラストでおなじみの 大内誠さん それに 立体画家 はがいちよう さんと 5人でね

二大巨匠と 喋って飲んで なんて nanapapa は なんとまあ幸運な人なんざんしょ ^^

 はがいちようさんをご存じない方 ぜひ過去記事をご覧ください → こちら


リクエストがあれば AAF展の記事を書くかもしれません ^^


【話題2】 テニス始めました

冷やし中華始めました では ありませんが(笑)

こちらは どうでもいいような話題ですが nanapapa にとっては センセーション

市内の同好会に加えてもらい 本日 ン十年ぶりにプレーして来ました

全身に無駄な力が入りまくりで ガタガタのへとへとでございます (^^




8104 ドア内張 640×430

長い前振りを終えまして 本題です

内装の肩のところ 段差が見えて 明らかに下側が 出っ張っております




実車 ドア内張 640×430

実車はというと このように どちらかというと 上側が 出っ張っている感じ

今 冷静に見直すと 同じくらいかぁ (笑)


また ドア開閉のグリップとその下の小物入れが 目立つ造作ですね

それ以外は 潔く 省略っ! (^^;




8109 ドア内張 640×430

肩の部分に 出っ張りを 貼り足しました~ (上の実車写真とは反対側ね)

やり過ぎか? まあいいでしょう (^^;


また グリップと小物入れを製作するため マステに ボールペンで 型取りしました

形状は正確とは思えませんが どうせ 判別できるほど よくは見えません きっと

この形のままで 行きます (^^ゞ




8112 ドア内張型取り 640×430

型取りしたマステの上に もう一枚 マステを重ねて

こんな形に 工作しようかと




8115 ドア内張切り抜き 640×430

プラ板に貼って 上と右側は 曲げるので 少し長くして 切り出しました~




8229 ドア小物入れ破損 640×430

曲げたら 折れました~ (^^ゞ

手直しはあとにして 勝手違いの方から行きま~す




8226 ドア小物入れ仮合わせ 640×430

小物入れに 蓋を着けてっと

右側と 同じサイズで 作ったのですが 若干納まりきれませんでした (笑)

左端を削って 対処しました ^^




8224 ドア小物入れ仮合わせ 640×430

斜め後方から

グリップの 上端は 離れてますが 塗装後に接着しますので

ですが グリップ部の量感が不足ですね

反対側の 手当と 量感増し工作を引き続き行いたいのですが...


テニス疲れで ダウンしとります

すなわち 【話題2】 は その伏線だったのですね (^^ゞ

というわけで 本日は ここまでで ご勘弁 (^o^)/


記事内容がよいと思っていただけたら 拍手ボタンを押していただけると嬉しいです
やる気が増す かもしれません ^^
  ↓
  ↓
  ↓

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/07/02(火) 23:00:03|
  2. 1/24 ポルシェ 911 ターボ
  3. | コメント:14

ポルシェ 911 ターボ (47) 研ぎ出し完了

このところ 園芸作業に忙しい nanapapa です (^^ゞ

というのも 先日の強い雨に打たれて アジサイの花が やられたもので ^^


今年は 雹に叩かれて かなりダメージを 受けました

ですが よくしたもので それから新しい花芽が立って 回復して来ています


そこへ強い雨で うなだれたり 折れたりで 後手に回ってしまいました~

遅ればせながら 支柱立てに いそしんだというわけです (^-^


そんなことで 模型の方は あまり進みません (^^ゞ

まあ なんとか 前回補修吹きを済ましたところも含めて 研ぎ出しが完了しました

これが終わらないと 次の窓枠やモール類の黒塗装に進めないのでね




8095 研ぎ出し完了 640×430

前後バンパーと エンジンフード

今回も それぞれに 下地を出してしまいました~ (^^ゞ

前回と 同様なので 個別には取り上げませんが 要補修です (^^;


ボディの ヘッドランプ脇のときは 何でここを という感もありました

ですが リアバンパーについては ラフにやれば下地が出るわな というところであります

だんだん やることが雑になって来たかも~ (汗)




8087 研ぎ出し完了 640×430

ボディで 厄介だったのは ボンネットのエアスクープ前の部分

こういう 隅の部分は とても磨きづらいですね

サンディングも コンパウンド掛けも 得意のアイス棒を使いました (^^

例の 三方を斜めに削ったやつです

古Tシャツを 両面テープで 貼り付けて コンパウンド掛けしました~ (^-^




8093 研ぎ出し完了 640×430

モチベーション アップ のために 組み合わせてみました~

う~む 早く 黒塗装を入れたくなります

ですが マスキングは 面倒で 気が進みません (^^ゞ


昔は テープを貼って スジ彫りのところにカッターを入れて切り取る

なんてこと 無造作にやっていました

ですが 最近のクリアーは 硬くてもろいですよね

カッターの刃を入れるなんて 怖いです


テープを貼って ボールペンで形取りして 一旦剥がして不要部を切る

そして 再度 貼り付ける なんてことを やるんでしょうか?

皆さんは どうされてますか?

やっぱり 急がば回れですかね それとも 慎重に刃を入れるとするか


実は まだまだ ほかにも 園芸作業が たくさん残っています

それらを こなしながら ぼちぼちと 進めていきますね

それでは~ (^-^)/


記事内容がよいと思っていただけたら 拍手ボタンを押していただけると嬉しいです
やる気が増す かもしれません ^^
  ↓
  ↓
  ↓

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/06/13(木) 21:59:36|
  2. 1/24 ポルシェ 911 ターボ
  3. | コメント:8

ポルシェ 911 ターボ (46) 補修吹きの続き

前回は 急遽山登りとなり 補修吹きを完了できませんでした

しかし 狙い通りに 好天に恵まれ 赤城山の鍋割山を楽しんできました

暑いので 長袖シャツを脱いで登ったら 日焼けで腕が真っ赤になっちゃったよ

やっぱり 日焼け止めは必要かな~ (^^


さて 前回済んだのはエンジンルーム開口部のみでしたね

それでは その続きを行きます




8074 補修吹き完了 640×430

左側のレインレールです

ここは 最小のマスキングにして ハーマンレッドを吹いて

すでに クリアー吹きも 済ませています




8075 補修吹き完了 640×430

反対側のレインレール

ここも同様ですね




8076 補修吹き完了 640×430

リアウインドウ部のレインレール

ここは その横の ボディカラー部に 窪みがあったのを見落としていました (^^ゞ

なので 極小瞬着盛って 均したあとに吹いています




8077 補修吹き完了 640×430

エンジンルーム開口部

前回ご紹介済みですが クリアーを吹きました




8078 補修吹き完了 640×430

反対側です

小さな窪みが残っていますが 最終的に気になるようなら 瞬着補修します




8079 補修吹き完了 640×430

ヘッドランプ脇です

まず ボンネットスジ彫りでマスキングして 周囲は少し浮かせてます

ここまで 3回吹いたのですが 念のため あと1回吹いて終了としますね

そしたら マスキングを剥がして 数日乾燥を待ちましょう


マスキングは 肝心の部分はタミヤのテープ それ以外は おまけのテープです

こんなに 広くマスキングする必要はなかったのですが 余っていたので (^^


では 乾燥待ちの間に 内装とかを進めましょうか (^o^)/

記事内容がよいと思っていただけたら 拍手ボタンを押していただけると嬉しいです
やる気が増す かもしれません ^^
  ↓
  ↓
  ↓

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/06/08(土) 23:46:50|
  2. 1/24 ポルシェ 911 ターボ
  3. | コメント:8

ポルシェ 911 ターボ (45) 補修吹き

模型ファンの皆様 お待たせしました~ (^-^

なんとか 補修吹きに取り掛かりました




7982 ハンドピース 640×430

愛用のハンドピースは タミヤの 0.3mm

ボディカラーも含めて 主力で使っています

塗料カップは 小さめですが 一体で継ぎ目がなく 洗いやすいです


トリガータイプは ほかに 0.5 も 持っていて そちらは クリアー専用にしています


とっかえひっかえ 使うので ホース接続には ワンタッチカプラーを使用 (^-^

写真で分かりますよね




7985 エンジン開口部マスキング 640×430

補修吹きの 手始めは エンジンルーム開口部

ここは 失敗しても許せるところなので 気が楽です (^^

まずは このようにマスキング




7987 テスト吹き 640×430

記事に掲載するため テスト吹き

トリガーが ほんの少ししか引けない状態に 絞り込んでいます

細吹は 塗装部との距離を近くしないといけないので 圧も下げています

もっと近づけることで もう少し細く吹くことができるかな




7988 補修吹きした 640×430

段差の部分に 実際に吹いてみました

うん いいですね

ここは こんなもので いいことにします




7990 テープをめくる 640×430

次は 大事なところ

マスキングテープをめくって 補修部を 露出させます

テープは こんなふうに 立ち上がった状態で 止めました




7991 テープをめくる 640×430

反対側も こんな感じ




7992 吹き付け角 640×430

実際の吹きつけは こんな視線の角度から テープの衝立越しに 行います

境目をぼかすわけですね

白紙へのテスト吹きで分かるように 慣れればマスキングなしでも行けます

今回は 赤地に 赤を吹き付けるので 着弾点が見ずらい

念のための ぼかしマスキングというわけです




7995 補修結果 640×430

補修吹きの結果 (^^;

写真に撮ると分かりますが 肉眼ではOKです




7994 補修結果 640×430

反対側

こちらは 欠けの修正が 完全ではなかったですね

まあ いいでしょう (^^;


で 突然ですが 明日 山登りすることになりました

来週の予定でしたが 天候の関係で 繰り上げ~とな ww

大急ぎで 支度をして 早朝の出発です

そんなことで 本日はここまで~ となりました (^^


このあとは クリアー塗装ですが もう分かりますよね

それでは また~ (^-^)/

記事内容がよいと思っていただけたら 拍手ボタンを押していただけると嬉しいです
やる気が増す かもしれません ^^
  ↓
  ↓
  ↓

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/06/04(火) 00:00:03|
  2. 1/24 ポルシェ 911 ターボ
  3. | コメント:8

ポルシェ 911 ターボ (44) ボディ研ぎ出し

ポルシェ 911 ターボは ボディの研ぎ出しが 8割方終わりました~

残り2割を完了させたところで 外観写真が大きく変わるわけでもありません (^^

そのために 皆様をお待たせするのもアレなので ここで更新です ww




7924 研ぎ出し後 640×380

まずは ほぼ研ぎ出しの済んだボディのようす

次回から 持ち越しの瑕疵の 修復に取り掛かって行きます

持ち越しの瑕疵って?




7712 トラブル発生3 640×430

これは 二つ前の製作記事での 塗装トラブル写真の再掲です

皆様には 話が繋がりにくいのではと思いまして

自分でも 繋がっておりませんでした~ (笑)


ルーフの塗装かぶりを リカバーするため 周囲をマスキングして 塗装をやり直した

そんな話でした そうでしたww


ホビーショーに間に合わせようと 突貫工事

ハーマンレッドを3回 クリアーを4回 1時間おきに 都合7回吹きつけた

そしたら マスキングテープの下に 溶剤が滲みて ふやけてた

知らずに そこをつかんだので 塗膜が押しつぶされたり ケロイド状になった


そんなことで さらに リカバーを強いられたのです


ふやけた塗膜が しっかり乾燥してから 1000番でサンディングして均しました

くぼみとして残った部分は 極小液玉瞬着で盛って サンディング仕上げです




7927 補修箇所 640×430

そんなことで ここは 赤の塗膜がなくなり 瞬着生地となっております

1 は このあと黒塗装となるので 問題なし

2 の レインレールは ボディ色なので 赤で補修が必要です




7929 補修箇所 640×430

反対側 こちらも 同様ですね




7930 補修箇所 640×430

リアウインドウ脇の レインレール

この範囲が やはり 瞬着に 置き換わっています




7933 補修箇所 640×430

こちらは それらとは関係なく 塗膜の厚みで はめ合いがきつくなってました

そんなに無理した感じではなかったのですが あっさりと ピキッ!

瞬着盛りで 均しています


最近のクリアーは 乾燥はとにかく早いのですが 昔のようにねばりがない

そんな気がするんです


一段下の エンジンフードの当り面は 塗膜の厚みで浮いたので 削りました (^^;




7942 補修箇所 640×430

この部分は フード側も いっちゃってます

同じく 瞬着盛りで処置




7934 補修箇所 640×430

ヘッドランプ脇の部分 研ぎ出しの不注意 (^^

うっすらと ピンクサフが 透けてしまいました

てっぺんの 峰の部分は 十分注意したのですがねぇ

ここは ついつい やり過ぎてしまいました~ (^^ゞ


さてさて 次回は これらの修復に努めることと 相なりますぅ~ (^-^)/

記事内容がよいと思っていただけたら 拍手ボタンを押していただけると嬉しいです
やる気が増す かもしれません ^^
  ↓
  ↓
  ↓

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/05/31(金) 23:59:23|
  2. 1/24 ポルシェ 911 ターボ
  3. | コメント:8

ポルシェ 911 ターボ (43) ボディまわりの小物たち

皆様 お久しぶりの 911 ターボでございます (^^;


前回は 塗装トラブル修復中に めまい症で倒れて 万事休す で終わってました

その後 修復を進めて なんとか行けそうなことを確認

最終修復作業の前に 研ぎ出しを行っているところです


ということで そこのところのご報告と行きたいのですが...

その前に 1回戻りまして 静岡に向けて 飛ばしてしまったところを 行きますね




7649 ドアハンドルの工作 640×430

ドアハンドルです

ランナーについたまま 全体の仕上げを行いました

ボディに取り付く両端の樹脂部(かな?)は 境界を スジ彫りでシャキッとさせました

矢印は キーホール部分 虫ピンを通すためキリ加工します




7651 ドアハンドル キリ通し 640×430

虫ピンは 後ほど 適切なサイズを選ぶとして さしあたり 0.5キリを通しておきます




7653 ドアハンドル部コンパウンド仕上げ 640×430

既に 本塗装済みなのに サフ姿は ちょっと違和感がありますね (^^;

サフを吹いてみると ドアハンドル部のくぼみの仕上げが イマイチでした~

楊枝の頭を サンドペーパーで仕上げたもので コンパウンド掛けです

これをもって 本塗装に進めることになりました~ (^-^




7648 レンズのスジ彫り 640×430

本塗装に進むにあたって 忘れてはならないのが この部分

今回は タミヤのレンズを使いますので ボディカラーで塗り分ける必要があります

塗装見切り部に ケガキ針で スジ彫りを施しました




7658 レンズのマスキング 640×430

続いて レンズ部をマスキング ちまちまと

なるほどね 少し傾いた円錐形になりました~ (^^




7660 レンズのマスキング 640×430

このマスキングは 結構デリケートな作業でした

ご参考までに 使った道具たちを

テープが浮かないよう 割りばしと楊枝を削ったヘラで 慎重に抑えながらね


こんなところで 次のボディ塗装に進んだのでした~

とりあえず 残っていた写真を使って 更新ですぅ

次回は ボディ塗装の修復についてになります (^-^)/

記事内容がよいと思っていただけたら 拍手ボタンを押していただけると嬉しいです
  ↓
  ↓
  ↓

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/05/26(日) 22:00:01|
  2. 1/24 ポルシェ 911 ターボ
  3. | コメント:6
次のページ

プロフィール

nanapapa

Author:nanapapa
自動車模型の製作と風景・花写真撮影を2大趣味としています

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
ごあいさつ (7)
1/24 メルセデス300CE (6)
1/24 BMW 535i (13)
1/24 フェラーリ 250 GTO (2)
1/24 コルベット Conv. (88)
1/24 ポルシェ 956 (20)
1/24 ポルシェ 911 ターボ (51)
1/32 ベレット 1600GTR (30)
完成作 (31)
模型リストア (16)
模型写真 (22)
実車写真 (2)
模型イベント (30)
イベント (106)
クラシックカーフェスタ in 神宮外苑 (12)
花 (182)
旅,写真 (70)
写真 (42)
園芸 (21)
お買物 (4)
飛行機 (8)
カメラ (4)
工具 (5)
トピックス (12)
猫 (42)
模型 その他 (2)
音楽 (2)
花火 (6)
お知らせ (7)
山行 (11)
家の仕事 (2)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR