FC2ブログ

模写花旅

自動車模型を中心に写真やその他の趣味や日々の出来事について綴ります

清里テラス

8月8日は ドライブで 清里テラスに行って来ました


サンメドウズ 清里スキー場 知ってはいましたが リフトで上がるのは初めて (^-^

ひとり1600円を支払って 中へ

2本あるリフトを 何度でも乗ることができます

このとき郵送料無料のハガキをくれるので 必ず書いて上に着いたら出しましょう

次回 300円の割引が受けられます (^^


上に着くと 標高もあるので まさに 高原の爽やかさ

それでは ここでの写真をどうぞ




0319 八ヶ岳 960×600

八ヶ岳主峰の 赤岳 2899m

次々に現れる雲に隠れて 見えなかったのが やっと全容を見せてくれました

なかなか 立派な山ですね

赤岳頂上小屋と 右肩のあたりに 赤岳展望荘も見えます

さらに その先の鞍部を 右に登り返した先が 横岳 2829m でしょうか


4人掛けのリフトは 2本あるうちの 右側のもの

カフェのある ゲレンデ中腹まで 連れて行ってくれます

高原の風を 受けながらのリフトは なかなか 楽しいものです


こちらの斜面は 自分の足で歩くことも 許されているとのこと




0324 八ヶ岳 960×645

赤岳をアップで

頂上部右手の小屋が 確認できると思います

頂上部左のピークから 左手前に続く尾根は 真教寺尾根

美しの森から 牛首山を経由して山頂を目指すことができます


また 頂上小屋付近から 右手前に続く尾根が 県界尾根

途中で谷側に下って この サンメドウズ清里の方に下りて来ることができます

若いころ このルートで 山行したことがあるのでね (^-^




0336 夏雲 960×600

ここからは 左側のリフトで 最上部まで昇った 清里テラスからの写真

入道雲に近いところまで発達した雲

底部が スパッと 平らに切られたかのような形が 面白いですね


現在立っている地点は 標高1900mに近いです (^-^)v




0351 茅ヶ岳と富士 960×645

清里テラスから 向かい側の山列の 一番右に位置する 茅ヶ岳

その右上に 富士山が 顔を出してくれました




0367 清里テラス2 960×645

記念撮影用の展望ステージ

ステージの奥に 山名を表記した 説明板が見えますね

右端には まさに一つ上の写真の関係が示されています




0377 清里テラス 960×645

少し引いて

展望ステージの下は ゲレンデ最上部となるのですが 結構な斜度です

眼前に広がるのは 広大な森

なかなか 癒されます




0380 清里テラス 800×800

最後は いくつかある ソファのステージです

長時間独占しないよう 注意書きがあるのですが 左端に見えるのは...

大きな 砂時計かなぁ~ (^-^


高原の空気を満喫したあとは 清泉寮で おいしいソフトクリームを いただきました~

 カメラ オリンパス OM-D E-M1 MarkⅡ
 レンズ オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

記事内容がよいと思っていただけたら 拍手ボタンを押していただけると嬉しいです
やる気が増す かもしれません ^^
  ↓
  ↓
  ↓
スポンサーサイト



テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/09/03(火) 23:48:08|
  2. 旅,写真
  3. | コメント:4

霧の八島ヶ原湿原


0223 霧の八島湿原光芒 960×645


8/1 6:16 霧の八島ヶ原湿原


宿泊した 鷲ヶ峰ひゅって から 500m ほど歩いて 湿原の木道まで来ました

nanapapa としては 珍しくも早起きで 時刻は 5:26 

濃い霧が立ち込めて 景色はありません

三脚を据えていた 3人のカメラマンさんたちは そそくさと 引き上げて行きました

nanapapa は せっかくなので 木道周辺に咲く花々を 撮って回りました


と 突然 白い太陽が 顔を見せ始めたのです

かすかですが 光芒も射して来ました

その後 急速に明るくなり 光芒もそれ以上はっきりせず 霧は薄れてしまいます

結局 見られる写真は この一枚だけでした

山での 早朝写真は 初体験なので まあ こんなものでしょう


写真 手前の池は 八島ヶ池 晴れれば 湿原の奥には 蝶々深山 さらには車山が見えます


ついでなので 鷲ヶ峰ひゅって について 簡単にご紹介

八島ヶ原湿原の西のはずれ ビーナスラインから 数十メートル入った場所にあります

ディナーは フレンチで ビールをお願いしたら ドイツビールが出てきました

とてもおいしい夕食でしたよ

本棚には 牧野図鑑など その手の本がぎっしりです

建物は古いですが オーナーの人となりを感じる 素敵なお宿でした


 カメラ オリンパス OM-D E-M1 MarkⅡ
 レンズ オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO


記事内容がよいと思っていただけたら 拍手ボタンを押していただけると嬉しいです
やる気が増す かもしれません ^^
  ↓
  ↓
  ↓

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/08/26(月) 22:00:00|
  2. 旅,写真
  3. | コメント:0

谷川トレッキング(7) 天神峠の水芭蕉


9071 水芭蕉 960×645


ロープウェイで天神平へ そこからさらに リフトを乗り継いで 天神峠に到着

リフトを降りて すぐの小さな池に咲く 小ぶりで愛らしいミズバショウたち

ミズバショウを見て 感動したのは 久しぶりのことです


記事内容がよいと思っていただけたら 拍手ボタンを押していただけると嬉しいです
やる気が増す かもしれません ^^
  ↓
  ↓
  ↓

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/06/28(金) 23:19:09|
  2. 旅,写真
  3. | コメント:4

谷川トレッキング(6) 白毛門 笠ヶ岳


8955 笠ヶ岳と白毛門 960×645


一ノ倉沢出合から 一ノ倉岳に背を向けると そこには 白毛門(右)と笠ヶ岳(左)

新緑をまとって たたずんでいる

折りしも 秋のような雲の流れ

谷川岳 一ノ倉岳 のような迫力はないが せっかくなら 目を向けてやりたい


記事内容がよいと思っていただけたら 拍手ボタンを押していただけると嬉しいです
やる気が増す かもしれません ^^
  ↓
  ↓
  ↓

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/06/21(金) 22:13:45|
  2. 旅,写真
  3. | コメント:0

谷川トレッキング(5) 天神峠からの谷川岳2


9038 天神峠からの谷川岳 960×645


天神峠から 眼前に迫る谷川岳


中央のピークが トマノ耳(1963m) 右奥のピークが オキノ耳(1977m)

このように 二つのピークを持つ山は 双耳峰と呼ばれます

谷川岳は 2000m に満たないのですが 風格はまさに 3000m 峰


トマノ耳の左肩に見えるのは「肩の小屋」ですね

画面左端に ここ天神峠から続く 天神尾根登山道が確認できます

辿って行くと 最後は雪渓を登って 肩の小屋へ

5月とはいえ 天神尾根からさえも 雪渓を越えなければ 頂上を踏むことはできません


ロープウェイ,リフトと乗り継いで まったく登らずに この場所に来てしまいました ^^

素晴らしい眺めは それだけで ここへ来る価値がありますね


 カメラ オリンパス OM-D E-M1 MarkⅡ
 レンズ オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

記事内容がよいと思っていただけたら 拍手ボタンを押していただけると嬉しいです
やる気が増す かもしれません ^^
  ↓
  ↓
  ↓

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/06/15(土) 18:00:05|
  2. 旅,写真
  3. | コメント:7

谷川トレッキング(4) 天神峠からの谷川岳


9028 天神峠からの谷川岳 960×645


天神峠からの眺望

眼前には 谷川岳 右端 白毛門は手前に稜線しか見えていません

それに続くすぐ奥に 三角の笠ヶ岳 さらに右奥は 朝日岳 となります



さて その天神峠への 行程です

一ノ倉沢の眺めを堪能したあとは ロープウェイの駅に戻り 天神平へ


天神平スキー場は 独身時代には 毎年正月を過ごした思い出があります

遠い昔のことです

それ以来で またスキーシーズン以外では 初めて来ました


一ノ倉沢への道のりでは 想定外に時間をとられました

なので ここから天神峠までは自力で登るのをあきらめ リフトを使います

降りたところが もう天神峠なんです

楽ちんで この眺め いいところです (^o^)/

 カメラ オリンパス OM-D E-M1 MarkⅡ
 レンズ オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

記事内容がよいと思っていただけたら 拍手ボタンを押していただけると嬉しいです
やる気が増す かもしれません ^^
  ↓
  ↓
  ↓

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/06/10(月) 23:00:03|
  2. 旅,写真
  3. | コメント:0

谷川トレッキング(3) 一ノ倉沢の雪融けと新緑


8886 一ノ倉沢3 538×800



一ノ倉沢は いまだ残雪に覆われてはいるものの 新緑がすでに美しい

雪融けもここまで進み 沢には水が流れています


開通前のため 一人のハイカーもおらず この光景を わがパーティで独占

かというと そうでもなくて 開通準備の人たちが数人 ^^

説明看板を掛ける作業に取り掛かっていました~

それやら 一ノ倉沢標示板 はたまた 道標の類まで 冬は外して保管されているんですね

ご苦労様です


おかげで 新道の沢渡りも 今回のようなルートファインディングの苦労なく

橋を渡れるたりするわけですね

ありがたいことです


続きます (^-^

記事内容がよいと思っていただけたら 拍手ボタンを押していただけると嬉しいです
やる気が増す かもしれません ^^
  ↓
  ↓
  ↓

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/06/06(木) 17:00:02|
  2. 旅,写真
  3. | コメント:6

谷川トレッキング(2) 湯檜曽川


8825 湯檜曽川 960×645


前回は 一ノ倉沢出合からの ハイライト をご紹介したのですが

今回は 新道を行く中途 マチガ沢を渡る少し手前の 湯檜曽川の河原からです

河原に下りられるポイントは少ないのですが ここは少し開けた場所でした

中央に見えるピークは 一ノ倉岳 茂倉岳 のさらに奥にある 武能岳 と思われます


前回記事のように このあと 2度の沢渡りにてこずり 大幅に時間を食ってしまいました


タイトルを 谷川トレッキング にして しばらくシリーズでご紹介していこうと思います

そこで 今回を (2) として 前回記事を (1) に改めますね



模型ファンの皆様

更新をお待ちの 約4名様 ^^

たいへんお待たせして申し訳ありません <(_ _)>

いろいろとありまして 塗装補修は これよりやっと 取り掛かります

自分としても 新しい挑戦ですので すんなりとは行かないかも ww

たいへん心苦しいのですが 更新は 明日の深夜となってしまいます

今しばらくの ご辛抱を (^^ゞ

記事内容がよいと思っていただけたら 拍手ボタンを押していただけると嬉しいです
やる気が増す かもしれません ^^
  ↓
  ↓
  ↓

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/06/02(日) 23:48:44|
  2. 旅,写真
  3. | コメント:2
次のページ

プロフィール

nanapapa

Author:nanapapa
自動車模型の製作と風景・花写真撮影を2大趣味としています

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
ごあいさつ (7)
1/24 メルセデス300CE (6)
1/24 BMW 535i (13)
1/24 フェラーリ 250 GTO (2)
1/24 コルベット Conv. (88)
1/24 ポルシェ 956 (20)
1/24 ポルシェ 911 ターボ (60)
1/32 ベレット 1600GTR (30)
完成作 (32)
模型リストア (16)
模型写真 (24)
実車写真 (2)
模型イベント (30)
イベント (106)
クラシックカーフェスタ in 神宮外苑 (12)
花 (186)
旅,写真 (72)
写真 (42)
園芸 (21)
お買物 (4)
飛行機 (8)
カメラ (4)
工具 (5)
トピックス (12)
猫 (44)
模型 その他 (2)
音楽 (2)
花火 (8)
お知らせ (7)
山行 (12)
家の仕事 (2)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR