模写花旅

自動車模型を中心に写真やその他の趣味や日々の出来事について綴ります

新・西家鼎談(ていだん)

昨日 横浜開港記念館で開催された新・西家鼎談(第210回)に参加してきました

参加というか nanapapa 大胆にも 話をする側として (^^;


新・西家鼎談というのは 元カーグラフィックの三重(みしげ)さん主催

エンスー(enthusiastic)な車好きの方々の集まりといったらいいでしょうか


きっかけは 1月の第206回に聴講したときでした

テクニカルイラストレーターの大内さんの話が終わって 打ち上げにごいっしょ (^^

そこで いろいろな話をしているうちに

nanapapa と伊倉さんの 撮影談義に 大内さんが それ皆さんにも面白いと思うよ と

写真家の伊倉さんとともに ジョイントでお話をすることに (^^;




西家鼎談タイトル 640×430


お題は こんな感じ

nanapapa は実際には実名で (^^


自動車模型を 実車に見えるように ポイントを押さえて 製作し

実車に見えるように ポイントを押さえて 写真を撮影する


ここまで なんと 全体の2/3の時間をいただきました


このあと 伊倉さんの実車と模型撮影についての さらなる深いお話

最後 大内さんの透視イラストのお話しで締めを


伊倉さんの 撮影のポイントとテクニックは 非常に参考になりました




トヨタ2000GT


実車に見える製作のポイントとしては ワイパーや灯火類等のディテールなどが大事!

その例として ご紹介した トヨタ 2000 GT (ハセガワ 1/24) の写真


以前に撮影したものですが ギャラリー写真にあるものより いいじゃないですか

(あとで ギャラリー写真に追加しよう)


リアルな部品構成と ブレードがガラス面にぴったり沿っていることもポイントですね

写真は クリックで 2倍まで拡大します

アーム基部の引っ張りコイルバネなんかも じっくりと見てやってくださいませ


このあと 打ち上げ~ と行きたかったのですが...

愛猫ナナ(19歳)の衰弱が激しく とんぼ返り

ナナ~ がんばってくれよ~!


記事内容がよいと思っていただけたら 拍手ボタンを押していただけると嬉しいです
  ↓
スポンサーサイト

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

  1. 2018/07/16(月) 23:59:45|
  2. イベント
  3. | コメント:6

オートモビルアート展

市ヶ谷駅近 山脇ギャラリーにて開催中の 第7回 AAF展

一昨日(6/20) 行ってきました


車に限らず 乗り物のアート展です


ここは 靖国通りに面する 明るくて素敵なギャラリーなのですが

一つだけ困るのは 明るいがゆえに 額装のガラスへの映り込みが強いこと


たくさん撮影したのですが 使えるものは少しだけという 残念な結果に

そういうわけで ご紹介する写真は 厳選するもなお 映り込みは避け切れていません

できますれば 脳内で消去のうえ ご覧くださいませ (^^




5009 畔蒜さん 640×430

まずは カーモデルから ということで 畔蒜さんの作品




5010 畔蒜さん 640×430

こちらも 畔蒜さん




5054 畔蒜さん 640×430

中で まあ よく撮れたものから

nanapapa は気づいてなかったのですが リアスポイラー隣の透明なフィン

なんでも 一方向回りのオーバルコースでは 旋回中にスポイラーの役を果たすのだと

で いいんですよね Tさん (^^;




5050 畔蒜さん 640×430

これも素晴らしい質感でした

昔よくありましたね レザートップ 懐かしい~




5006 高梨さん 640×430

続いては 1/9 の モーターバイク 高梨さんです

どちらも 稀少な生産モデルなようで 当然フルスクラッチとなります

展示ケースも 工夫がなされていて 回転可能です

静かに回してくださいと書いてありました~ (^^




5008 高梨さん 640×430

シートの質感なども 最高です




5048 高梨さん 640×430

これはまた 排気管の焼け色も含めて 存在感は抜群! 

しかし これは 製造過程で焼け色を着けるのか 使用に伴いそうなるのか?

実車の話ね (^^

使用に伴いなら 火傷すんじゃね?



5011 大内誠さん 640×430

イラストとくれば まずは 親しくしていただいてる 大内誠さん

すみません これ一枚だけで (^^ゞ




5037 岡本三紀夫さん 640×430

Car and Driver 誌の表紙絵でおなじみの 岡本三紀夫さん




5039 岡本三紀夫さん 640×430

岡本さんも 一点だけ




5031 渡邉アキラさん 640×430

同じく Car and Driver 誌の表紙絵でおなじみの 渡邊アキラ さん

アキラさんは またタミヤ模型の ボックスアートも担当されていますね

個別には うまく撮れませんでした~ (^^;




5027 小川利巳さん 640×430

小川利巳さん


ミは 上に
オノレ ツチノト 下につき
スデニ ヤム ノミ 中ほどにつく

紛らわしい漢字 巳 己 已 の覚え方でした~ ^^




5059 溝呂木さん 640×430

そして 溝呂木さん




5022 稲垣さん 640×430

切り絵の 稲垣利治さん




5030 佐原さん 640×430

佐原輝夫さん




5034 細川武志さん 風戸裕 640×430

風戸裕選手のイラストは 細川武志さん




5020 田邉光則さん 640×430

田邉光則さん 大きな油絵です

額装されていないので きれいに撮れました~ (^-^)v


今回当番で在廊されていたので いろいろお話しさせていただきました

こんな大きな絵 運ぶのたいへんですよね と思ったら

丸めて運んで この場でパネル張りされたそうです ^^

油絵具は 乾きが遅いので そのあたりも ご苦労な様子




開催は 6/25 まで ただし日曜は休廊なので お間違いなく

第7回 AAF作品展 で検索

在廊されていれば 作家さんと 気軽にお話ができます

入場無料で 写真も撮り放題 ^^




5046 花 640×430

おまけ

お~! タミヤの会長さんからだ~


で このあと 飲み会になだれ込んだのは いうまでもありません ^^


記事内容がよいと思っていただけたら 拍手ボタンを押していただけると嬉しいです
  ↓

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

  1. 2018/06/22(金) 19:00:03|
  2. イベント
  3. | コメント:2

日産ヘリテージコレクション 見学 5

日産ヘリテージコレクション の見学報告も 5回目

今回で このシリーズを終了としたいと思います

最終回はレースカーです


レ-スの世界には 詳しくない nanapapa のこと 下手な説明をしてもね~

というわけで とりあえず写真の羅列となります

どんな車が収蔵されているのかをご覧ください (^^;




0739 レースカー群 960×645




0740 ラリーカー群 960×645




0742 レースカー群 960×645




0743 レースカー群 960×645




0744 レースカー群 960×645




0837 レースカー群 960×645




0832 レースカー群 960×645




0833 レースカー群 960×645




0834 レースカー群 960×645




0838 スカイライン 960×645

これはタミヤでしたっけ プラモにあったような?




0835 リーフ MISMO RC 960×645

こんなのもありました

電気自動車 リーフのレースカーでしょうか?

なかなかかっこいいですね




0844 240Z 模型2 960×645

入口受付のフロアにある ショーケースに展示された作品

ガラスの映り込みがあってちょっと見づらいですが...

「日産名車再生クラブ」 の方の作品だそうです

前後フェンダー,ドアなどの凹みにご注目

nanapapa にはまねのできない技法が使われています


ついでながら 「日産名車再生クラブ」 の方々はここにコレクションされた実車を

いろいろと考証しながら 忠実に再生することに心を砕いておられます

その熱意には 本当に頭が下がる思いです




0844 240Z 模型 960×645

プレートの説明書き 文字が小さいですが ご一読をお勧めします

さて 以上でこのシリーズを終了としますね


nanapapa の説明より確かな日産ヘリテージコレクションのウエブサイト

そちらの 「レースカーのリスト」をリンクしますので どうぞ → こちら">こちら

77台のレースカーが収録されています


日産ヘリテージコレクション の見学はウエブサイトから申し込みができます

「日産ヘリテージコレクション」 で検索してください


  ↓ 記事内容がよいと思っていただけたら 拍手ボタンをクリックして
  ↓ いただけると嬉しいです
  ↓ どの記事がよかったか 今後の参考にさせていただきます
  ↓

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

  1. 2018/03/31(土) 15:00:06|
  2. イベント
  3. | コメント:0

日産ヘリテージコレクション 見学 4

ここまで 古い車について書いてきた日産ヘリテージコレクション 見学報告記

今回は一気に新しい車種に飛んで ニッサンGTR ですよ~




0840 GTR ボルト スペシャル 960×645

華やかなゴールドメタリックカラーをまとった GTR

フロントグリルには MR BOLT のプレートが

そう あの100m走 金メダリストの ウサイン・ボルト 選手にちなんだモデルなんです

エピソードについては 日産ヘリテージコレクションのページ でご覧ください

おや~ ボンネットには何やら落書き(失礼)のようなものが




0841 GTR ボルト スペシャル 960×645

失礼しました ボルト選手直筆のサインでした (^^




0839 GTR ボルト スペシャル 960×645

そして そのお隣は GTR 生産第1号車なのだそうです

将来は この隣に カッパーメタリック塗装車をぜひ並べ 金銀銅 三色揃いにしたい

説明員さんは 笑いながら そうおっしゃっていました~ (^o^)/


  ↓ 記事内容がよいと思っていただけたら 拍手ボタンをクリックして
  ↓ いただけると嬉しいです
  ↓ どの記事がよかったか 今後の参考にさせていただきます
  ↓

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

  1. 2018/03/26(月) 17:00:01|
  2. イベント
  3. | コメント:0

日産ヘリテージコレクション 見学 3

前回ちらりと名前が出た プリンス自動車工業 について調べたことを少しばかり...


1952年という年は 明仁親王(今上天皇)の立太子礼が行われました

これは 国として主権回復後最初の国事であり 国民的な盛り上がりを見せたといいます

それに合わせる形で 同年たま自動車からプリンス自動車工業に社名変更されたそうです

(主権回復とは 占領軍統治から主権を取り戻したということ) 念のため (^^


ところで プリンスには 中島飛行機というもう一つの源流があります

(隼や疾風などの戦闘機を生み出した)中島飛行機は戦後12の会社に分割されました

そのひとつ 東京と浜松の工場を受け継いだのが富士精密工業


電気自動車が成り立ちにくくなると プリンスはここからエンジンの供給を受けました

そんな関係から この2社は1954年対等合併し 社名は一旦 富士精密工業となります

そして 1961年 再びプリンス自動車工業に社名を変更したというのです




0789 プリンスセダン 960×645

今上天皇が皇太子時代に愛用された プリンス セダン デラックス AISH-2 (1954年)


このプリンス セダン デラックスは 1954年第1回全日本自動車ショウに展示されました

今の東京モーターショーですね

ここで 皇太子殿下のお目にとまり ご愛用されることになったのです


ヘリテージコレクションの展示車は そのご愛用車そのものだとのこと

実に貴重なコレクションですね

今回は ここまでです



ところで 前の記事で 電気自動車が衰退したことと その理由を書き忘れました

追記しておきましたので ご興味のある方はどうぞご覧ください

  ↓ 記事内容がよいと思っていただけたら 拍手ボタンをクリックして
  ↓ いただけると嬉しいです
  ↓ どの記事がよかったか 今後の参考にさせていただきます
  ↓

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

  1. 2018/03/22(木) 23:59:58|
  2. イベント
  3. | コメント:0

日産ヘリテージコレクション 見学 2

今回は 何と 71年前の電気自動車ですよ~

そんな昔に 電気自動車とは 何で~ って思いますよね (^^


当時は終戦直後で 一般家庭に電化製品はなく 工場もまだ復興していないころ

つまり 電気の利用が少なく余剰気味だったとのこと


そうそう nanapapa の 子供のころを思い出しても 電灯以外にはラヂヲ(笑)くらい

扇風機があったか (^^

冷蔵庫だって氷を入れるやつね 電気じゃありません


政府も電気自動車を奨励し 新興自動車メーカーの電気自動車が多数あったといいます

へぇ~! って感じ www




0788 たま電気自動車 960×645


大戦後 日本は航空機の製造を禁じられていました

そんなことで 立川飛行機の技術者により 1947年に「東京電気自動車」が発足

作られた車は 多摩の地にちなんで 「TAMA」 「たま 電気自動車」 と名付けられた

曲折を経て この会社はプリンス自動車工業となり さらに現在の日産に統合されました

そんな経緯で この車はヘリテージコレクションに加えられているのですね




たま電気自動車 640×430

日産ヘリテージコレクションのウエブサイトから画像の一部をお借りしてきました~

おぉ~! ホイールのロゴが ひらがなの「たま」になっていますね

かわゆ~い ♡


【追記】

電気自動車がこのまま発展していたら すごいことになっていたかも (^^

ですが このあと勃発した朝鮮戦争で 事情は激変します

日本は戦争特需による景気上昇により 鉛の価格が高騰したというのです

そのため バッテリーのコストも急上昇

多数のバッテリーを使用する電気自動車は 競争力を失って行ったとのことです


全体のお姿は 元の ウエブサイト で見てね (^-^

  ↓ 記事内容がよいと思っていただけたら 拍手ボタンをポチッと押して
  ↓ いただけると嬉しいです
  ↓ どの記事がよかったか 今後の参考にさせていただきます
  ↓

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

  1. 2018/03/19(月) 22:00:05|
  2. イベント
  3. | コメント:0

日産ヘリテージコレクション 見学 1

3/3 日産座間工場の一角にあるヘリテージコレクションを見学しました

一昨年にも見学記事を書いているのですが 違った観点から 再びご紹介




0773 ダットサン初期モデル群 960×420

ダットサン初期モデル群です

年代順に並べられているので 見学コースの最初がこれですね




0774 ダットサン12型フェートン 960×645

ダットサン12型フェートン 1933年

およそ300台ほどの展示中の1番目なので 最も古いものなのでしょう

びよ~んと飛び出す アポロ方向指示器がなつかし~

説明プレートを撮り忘れたので 詳しいことは分かりませ~ん (^^




0776 ダットサン14型ロードスター 960×645

ダットサン14型ロードスター 1935年

ここまでは 完全な手作りなので これ以降とは凝りようがだいぶ違っているそうです

立派な縁取りのグリルにご注目




0778 ダットサン15型フェートン 960×645

ダットサン15型フェートン 1936年

ここからは 量産型なので 生産性が優先されているとのこと

グリルの縁取りも 単純な金属線形状に変わりました~




0782 14型ロードスター エンブレム 960×645

14型ロードスター エンブレム

脱兎の意匠のエンブレムは この型が最もウサギらしい形になっています




0785 15型フェートン エンブレム 960×645

15型フェートン エンブレム

だいぶ抽象的な形に

言われなきゃ ウサギとは分からないかも (^^;




0786 16型クーペ エンブレム 960×645

16型クーペ エンブレム 1937年

それにしても デザインを毎年変えていたものですね~


以上 今回はダットサン初期モデル群でした~ (^o^)/



  ↓ 記事内容がよいと思っていただけたら 拍手ボタンをポチッと押して
  ↓ いただけると嬉しいです
  ↓ どの記事がよかったか 今後の参考にさせていただきます
  ↓

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

  1. 2018/03/17(土) 16:00:02|
  2. イベント
  3. | コメント:2

姪の結婚式

11/12 (先週の日曜日) 姪の結婚式に出席しました


皇居前の「パレスホテル東京」は 初めてなのでワクワク

妻と母同伴で 早めの時間に 車でホテルの地下駐車場に滑り込みました


親族紹介 記念撮影 教会形式での結婚式 友人たちとの記念撮影のあと 披露宴

といった 次第




5655 結婚式 640×430

南向きの窓から燦々と陽が降り注ぐ式場にて

姪は八頭身タイプのすらりとした容姿で ウエディングドレスがとても似合ってました

八頭身? すっかり聞かなくなったなぁ 今はどう言うんだろう?


披露宴での一コマ

新郎の職場に着任しての第一印象 「めっちゃきれいなひと おるやん」 だったとか

あ! 職場結婚ね


人物の写真は差し障りがあるといけないので 後ろ姿のこの一枚だけ (^^




5708 テーブル花 960×645

各テーブルの飾りつけ さすがですね

料理はとても美味しかったです (披露宴の料理で感激したことがないのに)

鴨のフォアグラなど 最高でした~




5713 パンフラワー 960×645

受付には 母が 姪(母にとって孫)のために作ったパンフラワーが

この日のために 何年も前に作ったものとか

やっと 出番が来ました~ (^^



初めてなので ホテルからの眺めも 少々ご紹介


5671 和田倉濠 960×645

ホテルの南側は和田倉濠

その向こう 白く飛んでいるところは 和田倉噴水公園




5672 皇居外苑と内堀通り 960×645

さらにその奥 皇居外苑 そのまた奥には日比谷公園が続きます

皇居外苑の真ん中を貫く内堀通りは この日 日曜はサイクリングコースとして開放




5676 紅葉と内堀通り 960×645

色づきのよい部分をクローズアップ




5674 東京駅方面 430×640

東京駅方面は 工事現場のクレーン兄弟



お開き後は 車での帰路をいろいろと検討していたのですが

折りしもパレスサイクリングが終了

内堀通りを通って 首都高速に乗り 混雑もなく帰宅できました


実は 前日 羽田に母と弟(花嫁の父)夫妻を迎えに行ったのでした

会場周辺と駐車場の確認を兼ねてパレスホテルに送ったので

帰路は同じ道が使えたというわけ

パレスホテル駐車場は最初の30分未満は無料で それを超えると30分ごとに500円!

宿泊客は 出入り自由で一泊1500円だったかな

結婚式の参列は クロークで処理してもらって 無料でした~ (^^


ともあれ 久しぶりに結婚式に招かれて 楽しいひとときを過ごすことができました


  ↓ 記事がよかったら 拍手ボタンをポチッと押していただけると嬉しいです
  ↓ どの記事がよかったか 参考にさせていただきます
  ↓

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

  1. 2017/11/18(土) 14:08:34|
  2. イベント
  3. | コメント:6
次のページ

プロフィール

nanapapa

Author:nanapapa
自動車模型の製作と風景・花写真撮影を2大趣味としています

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
ごあいさつ (6)
1/24 メルセデス300CE (6)
1/24 BMW 535i (13)
1/24 フェラーリ 250 GTO (2)
1/24 コルベット Conv. (88)
1/24 ポルシェ 956 (20)
1/24 ポルシェ 911 ターボ (1)
1/32 ベレット 1600GTR (30)
完成作 (26)
模型リストア (16)
模型写真 (18)
実車写真 (2)
模型イベント (24)
イベント (103)
クラシックカーフェスタ in 神宮外苑 (12)
花 (166)
旅,写真 (58)
写真 (42)
園芸 (20)
お買物 (4)
飛行機 (8)
カメラ (4)
工具 (5)
トピックス (9)
猫 (34)
模型 その他 (2)
音楽 (1)
花火 (6)
お知らせ (5)
山行 (6)
家の仕事 (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR