FC2ブログ

模写花旅

自動車模型を中心に写真やその他の趣味や日々の出来事について綴ります

カメラ紛失の不思議

カメラの紛失の件では たくさんのコメントを ありがとうございました

その無くなりようは 今もって不思議で仕方がありません

こんなことも起こりえるということを 今後の自分 および 皆様への

ご参考と 注意喚起の意味を込めて 顛末を書き残しておきたいと思います




八島湿原地図 960×645


8月1日の カメラ紛失までの行動の 一部始終です

(場所は霧ヶ峰八島湿原付近 黄色の車道は ヴィーナスライン)


前日宿泊した 鷲ヶ峰ヒュッテを 朝9時に出発

小矢印の順に 八島湿原南側の木道を歩き

道標A付近から 砂利道を辿り 沢渡で休憩を取りました


そこで 岩の上におろしたザックから カメラを取り出そうとしたのです

ガ~ン! ない ありません

すぐさま頭をよぎったのは 湿原終り付近の 鹿柵ゲートをくぐったときだな! でした




7011 XQ2 640×430

紛失したのは こんなカメラ 富士フイルムの コンパクトデジカメ XQ2

実物は 失くしたので カタログを撮影しました (^^


これに 山で手を滑らして取り落とす確率を下げるため 向かって左部分に

指掛かりのラバーグリップを 貼り付けていました


可愛いやつで お気に入りでしたが 山での難点は ファインダーがないこと

そんなことを 思っているもので カメラに嫌われてしまったのかも (^^;




7009 愛用のザック 430×640

そして これが nanapapa 愛用の ザックです


赤矢印が 肩ベルトに取り付けた カメラケースで 背負うと左胸の高めの位置に来ます

サッと取り出して撮影し 終わったら サッサと仕舞える 使いやすい位置です


通常は さらに 傍の 緑のストラップを掛けて 落下防止していました

ところが 今回に限って これを使ってなかったのです (間の悪いことで)

まあ 落としそうにもない所との 意識が働いたということでしょう


こんなケースなので 蓋が多少浮いていたとしても 歩いている最中に 落とすなんて

そんなこと 考えられません


そこで 先ほどの 鹿柵ゲートをくぐったとき と直感したわけです


いっしょに行動している T先輩に 鹿柵ゲートまで行ってなかったら諦めます と言って

50m ほど 引き返したところで 待てよ

ザックを下した周辺を確認するのが 先だなと

で そこにはないことを確認して 再び引き返します


先輩からは 1.5km ほどあるよと聞かされて...


往復3kmかぁ 空荷だし 時間短縮のため走ります

膝は傷めているものの さして 起伏もなく 大丈夫

大汗をかきながら 鹿柵ゲートまで 戻って来ました


ここの ゲートは 初めてのタイプで かがみ込んでくぐり抜ける格好です

膝の痛い nanapapa は 四つん這いでくぐり抜けて 木道の両脇を探します

戻って 反対側の両脇も


這ってくぐる際に こぼれ落ちたとして 木道にワンタッチもせずに 脇に落ちるなんて

考えてみると 起こりそうもありません


落胆して 先輩の待つ沢渡へと 引き返します


地図の 道標A のところに差し掛かったとき

そういえば この道標を 写真に撮ったなあ


分岐のところでは いつも道標を撮影して ファイルの撮影時刻を残すのが習慣です

これで 鹿柵ゲートの線は 消えました


さらに 道標B ここでも撮影してるぞ

このあと 休憩地点までは カメラを取り出した記憶はありません

であれば ここで カメラケースに戻す際に 落としたことに...


う~む カメラケースに入れたつもりで 胸の高さから 落下させて気づかないってか?

そんな~


途中 自然保護指導員の方と遭ったので 見つかったら連絡をと お願いしました


そうして 汗だくで戻って もう一度 ザックのまわりをチェック

ザックを置いた岩の下に 街の側溝にあるような 3cmほどの隙間があります

通らなくはない幅ですが そこをうまい角度ですり抜けて 下で 弾んで見えない位置へ?

絶対ないとは言えませんが 考えにくいでしょう


では では では ???

もう 四次元世界に吸い込まれたとしか 思えないのです


ちなみに 地図で見ると この間往復 2.5km ほど

カメラ捜索に費やしたのは 約25分 がんばりました~

まあ やるだけのことは やったと


コーヒーを 一杯飲んで この先 最後の登りの帰途につきました


記事内容がよいと思っていただけたら 拍手ボタンを押していただけると嬉しいです
やる気が増す かもしれません ^^
  ↓
  ↓
  ↓
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/08/10(土) 23:45:49|
  2. 山行
  3. | コメント:4
<<ポルシェ 911 ターボ (54) 室内パーツ塗装と取り付け | ホーム | ポルシェ 911 ターボ (53) エンジンフードのルーバー部製作>>

コメント

いや~。
無い時って、どこを探しても無いんですよね。
自宅なら、少し時間をおいて捜索することが出来ますが、出先(しかも山道)だとそうも出来ませんからね~。
鹿柵から休憩場所までの間にすれ違った同好の士はいらっしゃらなかったのかな?
すれ違った方が見つけてくれていれば良いのですが。
後は、木道のすぐ脇の草むらかも。

とにかく見つかって欲しいですね。
  1. 2019/08/11(日) 17:06:08 |
  2. URL |
  3. 日の丸航空隊 #-
  4. [ 編集 ]

日の丸航空隊さん

こんばんは~♪
どう考えても腑に落ちないのです。
一体どんな風に手許を離れたのか?
普通に歩いてるときに落としたとは思えません
休憩地点は時間をおいて2度探したので除外できるかと
すると結局道標B地点しか残らないのです
自分がそこに戻るまでの20分ほどの間に拾われた?
それか誰にも見つからない場所に潜んでいるのか?
いずれにしても 手元に戻ってくることはなさそうに思います
この記事を書いたことで気持ちの整理はつきました~(^-^
  1. 2019/08/12(月) 00:47:55 |
  2. URL |
  3. nanapapa #lTJxwD76
  4. [ 編集 ]

神隠しにでも遭ったような話ですね~。
二度読み返しましたが、、、出てきそうもないですね。

私の父母もワラビ取りに出かけて山中で(免許証)を紛失して・・ 後日休憩した場所で見つけた話が有りました。
ま、、怪我しなかったことを幸いと考えて諦めるより仕方ないですかね。
  1. 2019/08/13(火) 20:28:50 |
  2. URL |
  3. アイハート #-
  4. [ 編集 ]

アイハートさん

こんばんは~♪
そうなんですよ まるで神隠し! まったく出て来そうもないです^^
ザックを下したときにこぼれ落ちたのなら二度探したしねぇ
胸のケースに納めたつもりで落下させて気づかないなんて
間抜け過ぎて信じたくないですぅ (^^;

アイハートさんのご両親は後日ご自身で見つけられたとは凄いですね

確かに怪我などなかったのだから幸いとしなければですね(^-^)/
  1. 2019/08/14(水) 01:31:27 |
  2. URL |
  3. nanapapa #lTJxwD76
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nanapapa

Author:nanapapa
自動車模型の製作と風景・花写真撮影を2大趣味としています

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
ごあいさつ (7)
1/24 メルセデス300CE (6)
1/24 BMW 535i (13)
1/24 フェラーリ 250 GTO (2)
1/24 コルベット Conv. (88)
1/24 ポルシェ 956 (20)
1/24 ポルシェ 911 ターボ (58)
1/32 ベレット 1600GTR (30)
完成作 (32)
模型リストア (16)
模型写真 (22)
実車写真 (2)
模型イベント (30)
イベント (106)
クラシックカーフェスタ in 神宮外苑 (12)
花 (183)
旅,写真 (72)
写真 (42)
園芸 (21)
お買物 (4)
飛行機 (8)
カメラ (4)
工具 (5)
トピックス (12)
猫 (43)
模型 その他 (2)
音楽 (2)
花火 (8)
お知らせ (7)
山行 (12)
家の仕事 (2)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR